神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある火薬製造所跡(後編)

Posted by 秋空りんご on 04.2014 群馬   10 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃屋
☆前回のつづき☆

ここはとにかく冷や冷やでした。

まず第一に、
この廃墟の森があるのは現役施設(化学工場)の中なんです。
そしてその従業員がとにかく施設内にたくさんいるので、その人たちとの遭遇率がハンパ無いのです。

その施設の中を、森の中を、従業員と会わないように探索しなくてはいけないので、
まっったく気が抜けない!
潜入した場所に看板が立っていて、
「不法侵入者を見つけた場合、直ちに警察に通報します」というようなことが書いてありましたし・・・。

探索中、従業員や管理人を見かけるたびに逃げて隠れて、「これ何かに似てるなー」って思ったんですが、
後にパックマンだと気付きました。
四方から追いたてられるこの感じ。

DSC01116.jpg

DSC01129.jpg

遭遇しそうになっても、建物の影に逃げ込んだり、森の中に飛び込んだりで、幸い一度も見つからずに済みました。

DSC01115.jpg

以前やりこんでいたメタルギアソリッドのおかげ?
と、あまり理解されないゲームネタを放り込んでみる。

あとトゥームレイダーとか?でも私はあれあまり好きじゃない。
なんかあのゲームはよくわからないところで難易度が高かったりしてメンドクサイ。

ちょっとの段差を落ちただけで死ぬという、難易度が無駄に難しいゲームの代表格でスペランカーというのがあるんですが、
そういう若干クソゲー的なメンドくささをトゥームレイダーにも感じる。
(主人公が最弱で死にやすいため、虚弱体質やよく怪我をする人はスペランカーとあだ名が付けられる。)

DSC01085_201403011946554da.jpg

しかし今調べたら、スペランカーとは無謀な洞窟探検者を意味する言葉らしい。
それに対して十分な知識や装備を持った上で洞窟探検を行う者は「ケイバー」と呼ばれるとのこと。

実は以前、洞窟の記事で九州・平尾台の目白洞探索を書いたのですが、本当に一歩間違えば死ぬような洞窟なんですが
私はTシャツ短パンノーヘルでそこを探索したので、それを記事にして載せたら、関係者から
「真似する人がいたら困ります!削除してください。」ということで削除依頼が来たことがあって、記事を削除したことがありました。

写真は、何かの骨・・・。↑

DSC01146.jpg

・・・で、洞窟探検=ケイビングなので、自分は「ケイバー」とばかり思っていましたが、
今回たまたま知ったことですが、私は
どうやらケイバーじゃなく、スペランカーだったようです( ̄□ ̄;)!

スペランカーってそういう意味だったの!?って思いませんでしたか?私は思いました^^;

動画を見たい方はこちらをどうぞ。

DSC01148.jpg

洞窟やここへの潜入もそうだけど、私は結構無謀な行動をしてきましたが、
それは昔からなので、自分の行動に慣れているというのと、あと、その中でもかなり慎重に行動します。
なので怪我をしたことはありません。

だけど、もし真似して無謀なことに挑戦する人がいたとしたら止めて下さい。

逮捕・怪我・死亡のいずれかが待っている可能性があります。もしくはその全部(汗

DSC01149.jpg

DSC01152.jpg

ここはコンクリートの廃墟が多いかと思いきや、木造もかなりありました。

所々ドアが開いていて中を見れます。

DSC01155.jpg

木製の大きな何かがありました。けど何かはわからない。

DSC01159.jpg

DSC01164.jpg

各部屋にあり。

DSC01175.jpg

DSC01176.jpg

ここはPCB保管庫と、書いてありました。

DSC01133.jpg

こういうものも・・・。

危ない物が多くあるのも入ってハラハラした理由。
でも廃墟なんてどこも安全じゃないけどね。
廃病院とかだって結構危ないし。

DSC01181.jpg

そういうことでここも色々な意味で危ないんです。

DSC01182.jpg

DSC01184.jpg

この中はボロかった!

DSC01188.jpg

窓やドアが好き。

DSC01190.jpg

この壁紙、何なんだろう?フニャフニャしてる。

DSC01191.jpg

DSC01200.jpg

各トンネルの先々にそれぞれ廃墟があったりするのです。

面白いでしょ。探索のしがいはある場所です。

DSC01205 (1)

DSC01051 (1)

DSC01206 (1)

中には小さな橋も。

広大な敷地内と森の中を走り回りました。

DSC01221 (1)

DSC01213.jpg

特殊な造りの建造物。

DSC01217 (1)

何かを実験する場所だったのかな・・・?

DSC01219.jpg

DSC01222 (1)

DSC01223 (1)

DSC01227.jpg

DSC01229 (1)

さて、再び柵を乗り越えて元の場所、あちら側に戻ります。
また柵が登りにくいし大変な思いをしながら・・・。
ということで、色々とキツイ探索でした。

自分で勝手に入っておいてこんなこと言うのもなんだけど、

ここにはもう二度と入りたくない!

でも廃墟自体はとっても上質でしたよ♪

DSC01231 (1)

外の世界。ここにはネコがいつもいます。

妙に落ち着いた子で、なんとなく癒されました~。


☆おまけ☆
CIMG2112 (1)
スペランカーin洞窟

(また目白洞に怒られるかも・・・。これくらいにしておこう^^;)



次に洞窟に入ることがあれば、装備バッチリしていくよ!
この時は初めてだったし、よくわからなかったんだよー。


あとからズズ氏が、
「自分は中で2回、管理人(従業員)と鉢合わせしましたよ~。でも大丈夫でした。」って言ってました。

同行者が捕まってしまったらパックマンもララ・クロフトもスペランカーもひとたまりもない・・・。


でもズズ氏、運がいいのか悪いのかよく分からないけど、とりあえず無事でなによりでした!



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキングは不参加ですが一応メンバーなので貼っておきます。

ある火薬製造所跡(前編)

Posted by 秋空りんご on 01.2014 群馬   2 comments   0 trackback
Tag :火薬製造所 廃墟 廃屋
以前、この廃墟の記事を書くという話をして、
ずーーっと書いていなかったので、今回書きたいと思います。

現役施設&森の中にある火薬製造所跡。全2回です。

早速だけどここは入って色々後悔した。

DSC01228 (1)

まずは乗り越えにくい上に結構高さのある柵を乗り越える。

そこら辺で長い太めの木を拾ってきて、それを足場に柵を乗り越えることに。
でも降りる時柵の上にいる自分がめっちゃ高いってことに気付いて、降りるのが大変でした。
(早くも二度とここには潜入したくないと思った。)

DSC01125 (1)

かなりきつかったですが一応入れました。

こんな辛い思いしてまで入るなんて、物好きかよ!って自分で自分に思っていました。

物好きっていうか廃墟バカなだけですけどね。

DSC01120.jpg

DSC01135 (1)

でっかい蜘蛛が巣を作って通れなくなってたので、この日初めて顔合わせをしたズズ氏に蜘蛛をどけてもらいました。

助かった・・・。でもこの時12月です。普通は外にこんなデカイ蜘蛛が巣を張ってる時期じゃないはずなのに・・・。

多分夏はここ、色々な虫や雑草が凄すぎて入れないと思う。
それこそ廃墟バカを凌駕した、キ〇ガイレベルの廃墟マニアでないと(夏に入った人いたらすいません^^;)

DSC01138.jpg

DSC01140.jpg

DSC01113.jpg

ズズ氏とここで別れ、各自単独行動へ。

DSC01134.jpg


DSC01052 (1)

DSC01056 (1)

森の中を進んでいくと所々に建物が点在している。

DSC01057 (1)

明治38年から国内初のダイナマイトを製造していた場所。

DSC01059.jpg

DSC01076 (1)

DSC01062 (1)

中をのぞくと・・・

DSC01065 (1)

DSC01068.jpg

特になにもないんだな、これが。

DSC01060 (1)

DSC01084 (1)

森の中を行く。

DSC01100 (1)

森の中の小さなお家♪

普通のお家と違うのは、ダイナマイト作ってたってところ。

DSC01107 (1)

壁カッコイイ。

DSC01101.jpg

DSC01048 (1)

巨大です!

DSC01050.jpg

これも巨大!な土管のような中トンネル。

DSC01093 (1)

それにしてもここの潜入は想像以上に色々きつかった・・・。

☆後編へつづく☆

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
ランキングに参加していないけど一応貼っておきます♪


碓氷峠のめがね橋

Posted by 秋空りんご on 16.2012 群馬   12 comments   0 trackback
Tag :廃墟 重要文化財 廃線 アプト式 アプトの道 大人の休日倶楽部 JR東日本 愛犬 軽井沢 薄い峠
このたび結婚して新居(築15年のアパート)に入居したのですが、

どうも換気扇をつけると台所がカビ臭いんです。

こりゃ換気扇になにかあるなと思って今日、ダ〇ワの営業さん呼んで話してたんですが、

営業「いやー、カビじゃないと思うんですけどね。」

とかってカビくさいのをなかなか認めないものだから、

「これ廃墟みたいな臭いですけどね」

と言ってしまいまして、

営業「・・・廃墟ですか?」

リンゴ「あ、いや、ちょっと廃墟とか行くと、こんな臭いするもんじゃないですか(汗)
   あははは」


営業「んーーー、いや~・・・(苦笑)」

となり気まずかったです。。。


あぶないあぶない・・・。そりゃちょっと廃墟行くってどんな主婦って感じだわね( ̄- ̄;

自分ちの物件を廃墟に例えられたダ〇ワもびっくりするよね・・・。いやー、申し訳ない。

2時間かけて原因究明した結果、
原因としては換気扇というより、壁の隙間から発してる臭いを換気扇が吸い込むことで臭う(廃墟の臭い)とのことで、
シーリングするなど色々対応はしていただきました。

でもダ〇ワさん、最後には
「僕としてはこの臭い、カブトムシがいる土ですね。」
と。

うち、カブトムシ飼ってないし!壁の隙間にカブトムシいるとも思えないし。

もう、YOU,カビだって認めちゃいなよ!

と言いたかったけど「そうですねー」と言ってしまいました。

結局、カビだか土だか臭いの原因はわかりませんでした・・・。

でもダ〇ワさん、ひとつ言える事はカビであろうと土であろうと

これ、廃墟の臭いなんですよ!!


それにしても私、新居まで廃墟の臭いって・・・

これはこれで廃墟マニアとしてはたまらないっちゃたまらな・・・

いわけないっ!!くっさーーーーーです(T□T;)

早く事態がおさまることを願っています・・・。

さてさて今日は廃墟ではなく碓氷峠(うすいとうげ)のめがね橋です。

去年両親と愛犬と私とで行ったのですが、その時の写真になります。

P1020588.jpg

これがめがね橋。日本で始めて重要文化財に指定されたものです。
大きいです(>ω<)

P1020593.jpg

めがねさん、裏側から。

P1020594.jpg

碓氷峠のめがね橋と、髪が薄い峠の父。そして愛犬アスロンo(U・ω・)⊃ワンッ

父とめがねと言えば、私が子供の時、学校で父親の似顔絵を描くのに、当時髪も薄くなくて
特に特徴のなかった父の顔を描くのがどうしても難しくて、父がかけたこともいない眼鏡を顔に追加して
「これで一般的な父親顔でしょう( ̄ー ̄;)」と、似顔絵詐称して
提出してしまったことを思い出します...(((;´ω`)ススス

家にそれを持って帰ったら、両親に

「誰、この人…。どこのお父さん?w」と言われ、さすがにきまずかったです(´Д`ι)


P1020601.jpg

ここは旧信越本線とアプト式旧線を利用したアプトの道という遊歩道になっていて、
ずーっと山の中の線路跡を歩いていけるのです。

吉永小百合さんでおなじみの、大人の休日倶楽部のCMでも出ています。
↓(CMも見られます^^)
JR東日本・大人の休日倶楽部

P1020613.jpg

ライトもついている長いトンネル。

このまま歩いていくと、重要文化財の旧丸山変電所まで行けます。
丸山変電所の記事はこちら

めがね橋から向かって丸山変電所方面と反対方向へ行くと、熊ノ平に続くのですが、
こちら側は歩道が完成しておらず、通行止めとなっていました。
しかし最近歩道が新設され、今年の4月からハイキングコースとして開放されました。
熊ノ平変電所の記事はこちら

P1020610.jpg

父とアスロン、トンネルをどんどん進んで行きます。

また今年も家族と愛犬と旅行したいと思います。今年は旦那さんと、
できれば旦那さんのご両親も一緒にみんなで行きたいです。

ではまた(^O^)/♪

☆廃墟ブログランキング☆
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

藪塚石切場

Posted by 秋空りんご on 13.2012 群馬   18 comments   0 trackback
Tag :廃墟 夜景 巨石 石切り場 藪塚 秘密基地 暗闇 読書 藪塚温泉 つむじ

おはようございます(*^▽^*)

昨日の夜は隣町の山に車で登り、1人で夜景を見ながら本を読んでいました。

周囲は光ひとつない真っ暗闇の中、目の前にパノラマ夜景が広がっている場所。

以前友人と来たときに友人が「ここは心霊スポットなんだよ」と怯えていた場所でもある。

心霊スポットでもあるかもしれないけど、何よりイノシシスポットである。昨日は2匹と遭遇した。

霊といえば先日、自宅のお風呂で顔を洗っていたら何かに頭を押された。
つむじ辺りを指2、3本くらいで力を込めて強く、しかも長く押された感じでちょっと痛かった。

「(いたたたた!なにこれ?何のいたずら?誰?)」と思って振り返ると誰もいなかった。

恐怖というよりも納得がいかなかった。

何の意味でつむじを押されるのだろう?

ネットで検索してみると、つむじを押すと
「下痢になるとか」「便秘になる」とか「健康になる」とか出てきた。

亡霊さんはあたしを下痢にしたかったのかそれとも健康にしたかったのか。

ここはポジティブに健康側でとらえようと思う。

でも亡霊さん、驚くのでもうやめてください…。


今日は群馬県の石切り場です。

P1030046.jpg

ここはとてもお気に入りの場所。

この場所の巨大さが伝わらないのが残念ですが、広くてかなり大きいのです。

P1030052.jpg

P1030066.jpg

家も近いので度々訪れます。

P1030059.jpg

P1030058.jpg

石切り場って神秘的に見えます。

P1030067.jpg

私との対比で大きさがわかりやすいですね。
それでも私これ結構高い場所に立っているので、足元はもっと下があります。危ないです。

廃墟じゃないけど、ここはすごく素敵な場所ですよ♪


廃墟ブログランキング参加中です(^^*
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村


丸山変電所(セルフポートレートあり)

Posted by 秋空りんご on 08.2012 群馬   22 comments   0 trackback
Tag :丸山変電所 重要文化財 廃墟 廃線 碓氷峠 信州本線 煉瓦造り 発電所 横川 軽井沢

こんにちは。りんごです。

本日、廃ダイナミックレンジの山下さんが私のリクエストに答えてポートレートを出してくださったので、
お礼として、今回私も以前撮影したセルフポートレートを公開したいと思います。
(顔には薄くモザイクかけてありますがお許しを^^;)


私の初のセルフポートレート撮影地となった場所がここ、丸山変電所跡。

かつてはいい感じで朽ちた廃墟だったのに、今は重要文化財として美しく生まれ変わっています。
詳細は安中市のホームページに詳しく書いてありますのでそちらをどうぞ。 □⊂(゚ー゚* )


DSC01396.jpg

DSC01398.jpg

DSC01397.jpg

レンガだから味はあるけど、やっぱ廃墟とは別物って感じ。


しかしこの日ハイテンションだった私は、試しにセルフポートレートを撮ることにした。


まず場所のチョイス。あと肝心なことに三脚が無い。

だが運よく対になった塀みたいなものがあったので、
片方の塀にカメラを置き、もう片方の塀の上でポーズを決めるという構図に挑戦することにした。

一人探索中のセルフポートレートなので、まず塀の上にカメラを置き、タイマーをセットする。

でもね、タイマー10秒しかもたない。

急いで向かい側の塀の上に登り、ポーズを決める。

その間わずか10秒。


できるのか!?


さて、1枚目。


































パシャ!


DSC01432.jpg


登る途中で10秒経過。シャッターが切れた。残念!!

次こそは!

一度塀を降りて向かいの塀にまたセットしに向かう。

タイマーセット。急いでまた元の塀にダッシュ。登る!







































パシャ!


DSC01433_20120208194834.jpg


成功!(*゚∀゚)=3

でも・・・なんか・・・違くね・・・?

ポートレートってこんなんじゃないよね?

ここの上登るの大変だよー・・・。

写真では平静を装ってますが実はかなり息切れてます。

正直10秒じゃこれが限界。これ以上なにかポーズとる余裕なし。


3枚目!








































パシャ!



DSC01431_20120208194833.jpg


登るの諦めてせめてものポージング。

あー、しらじらしい。ダメだコリャ( ̄□ ̄;)

セルフポートレートで塀の上とか難易度高すぎたか。

また機会があればセルフポートレートやってみたいと思いますw




こんなポートレートを見せられて、皆さんも脱力してると思いますので
後半は、文化財となった美しい丸山変電所の写真をご覧下さい。


DSC01405.jpg

DSC01401_20120208181706.jpg

DSC01400.jpg

DSC01402.jpg

DSC01430.jpg

後ろの方にだけ一箇所廃墟な部分が残っている。

DSC01406.jpg

DSC01410.jpg

DSC01411.jpg

DSC01421.jpg

DSC01412.jpg

DSC01413.jpg

DSC01425.jpg

写真、前回のサイズとどちらがよかったですか・・・?

あまり写真が多いと大きめサイズだとアレかなと思って小さめサイズのアップにしていますが
前回、大きいサイズで出した際、いつもより写真が好評だったのが気になります^^;
それとも写真うんぬんじゃなく廃校人気の影響?w
でも写真は大きいほうがいいのかしら・・・?


それではまた♪


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村


プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。