神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白石鉱山(工場エリア)

Posted by 秋空りんご on 31.2012 三重   4 comments   0 trackback
Tag :白石工業 白石鉱山 石灰石 炭酸カルシウム 桑名工場 廃墟 廃屋 廃工場 テクノロジー PCB
白石鉱山解体というニュースが飛び込んできたため、
今回、予定を変更して全6~7回にわたって、白石鉱山の記事を書いていきます。


この記事の最後に、「廃墟が消えることについて」を書きます。


白石鉱山の記事が長くなるのは、それだけこの物件が広大で、見所が多く、
何もかも詰め込まれたテーマパークのような廃墟だからです。

まず、広いので、白石鉱山の全体像を私の独断と偏見によりエリア分けしたマップを作成しました。

EPSON006 (1)

私が見た部分だけを描いていますので、完璧な図ではありません。
たぶん細かく描くともっと色々あると思います。

エリアの名前は私の勝手なイメージです。
あえてテーマパークっぽくまとめてみました。

もし「ここは何の部屋?」と聞かれても「私が聞きたいくらいだよ」と言う感じでして、
詳しいことはほとんどわかりません。

・・・でも、一応わかることは説明していきます。

まずこの工場は廃墟ですが、会社自体は今も別の場所できちんと存在しています。

1919年(大正 8年)11月に白石工業株式会社は設立され、
1921年(大正10年)9月にここ、桑名工場は操業を開始しました。(1976年9月 操業停止。)
(※「白石工業株式会社」HP 会社案内 沿革より)

今回ご紹介する「白石鉱山」とは、操業停止したこの白石工業(株)の桑名工場です。

第一回目は右下の「入り口」から「工場エリア」にかけて行きます。


それでは!廃墟テーマパーク、白石鉱山をどうぞ。

DSC02754 (1)

右下、施設入り口、門の前。ちなみに入り口は機械警備されてるみたい。
(回避したので本当に作動しているかは不明。)

まぁ、なんていうか

DSC03181 (1)

この建物はディズニーランドでいうところのチケット売り場的な、
そんな捉え方でいいんじゃないかなと。

たぶん当時は警備員さんとかがいたのかな~?

DSC02966 (1)

中に入ると早速出迎えてくれる木造のでっかいお化け屋敷みたいな建物。

これ一つでも、通常、廃墟マニアなら遥々見に来るというレベルかも。

DSC02759 (1)

中にて。

DSC02959 (1)

色々なものがあります。

DSC02755 (1)

青いコンテナはPCB保管庫。いくつかあった。廃墟ではたまにある、コレ(><;

ここ、白石鉱山では平成22年11月に敷地中央付近の土壌から微量のPCBが検出された。

でも昨年7月には土壌汚染の撤去工事が完了したとのこと。

近くの河川や地下水の汚染はしてなかったらしい。

もしPCBの汚染がもっと深刻な流出をしていたら、
隣に水汲み場があってたくさんの人が来てるから大変だったかもしれないね。

DSC02762 (1)

上の写真、向かって左側の建物内。ガラーン。

DSC02764 (1)

でも右側の建物は・・・どーん!!

DSC02768 (1)

キャノン砲じゃなくて、キャノン炉(りんご命名)

DSC02769 (1)

DSC02770 (1)

DSC02772.jpg

DSC02774 (1)

機械とかが壊れて散乱している。

DSC02775.jpg

二階登るよ!

DSC02776.jpg

ここで撮影してる私自身が写っています。→白石鉱山にて「始めるから始まる」

DSC02778.jpg

踊り場から撮りました↑

DSC02781.jpg

ここは2F。

DSC02785.jpg

そして更に隣の小屋へ。

DSC02802 (1)

DSC02818.jpg

DSC02806.jpg

もじゃもじゃがたくさんある。

DSC02819.jpg

DSC02803 (1)

まぎれもなくこの感じは、「工場エリア」!

DSC02814.jpg

簡単に言うと、採掘した石灰石を粉砕したり乾燥させたりしていたであろう機械や施設。

DSC02812.jpg

白石鉱山はそういう工場・施設の集合体廃墟なのです(*・▽・*)

DSC02798.jpg

DSC02799 (1)

DSC02833 (1)

DSC02829.jpg

次回、「小高いエリア」~「クッパ城エリア」に行きます。
⌒Y⌒Y⌒ ヾ(o´∀`)ノ




―廃墟が消えるということについて―


廃墟は消滅寸前のその儚さ故に、美しい。

運命を背負いながらギリギリのところで立つそれこそが、廃墟の美学だと私は思っている。

最後の時に音をたてて崩れながら、人に生の重さを再認識させる。

白石鉱山もその瞬間が来たことへの運命を今、一身に受けているんだろう。

以前に白石がくれた感動の光景と共にそれを見届けていこうと思う。




次回へつづく



☆廃墟ブログランキング☆
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

初回にしてこのボリューム!
それが全6〜7回、気合いが半端ネェっす!!
続きと結末を楽しみにしてまーす\(^o^)/
2012.07.31 17:53 | URL | マッハ山下 #- [edit]
おおお、やはり思い入れのある方が撮られる写真というのは凄いですな。
私も同じ場所を撮りましたが全然イケてなくてあきまへんのですw
※今度の解体は本当に残念ですが、こればかりは仕方の無い事ですね…。
何の自慢にもなりませんが私も10年間に渡る訪問歴がありまして、解体はことにショックでした。


※mixiのほうに現役時の写真がありますから宜しければ資料にお役立て下さいw
2012.08.01 00:51 | URL | ベイブイ@廃ヲタ #GCA3nAmE [edit]
>山下さん

白石解体のニュース!あたしは山下さんから聞いたので初めて知ったのよ^^;
白石、あの白い部屋と乾燥小屋のあたりが解体されてるんだよね?
他はどうなんだろう・・・。気になる・・・。

凄い人気のあった場所だったからね~(汗

川南造船所の時もそうだったけど・・・。

なんか凄い廃墟がどんどん消えていっちゃうよね(><;
2012.08.03 15:13 | URL | 秋空りんご #- [edit]
>ベイブイ@廃ヲタさん

こんにちは♪
いえいえ、私なんてベイブイさんに比べたら
白石の「し」の字もわかっていない、じゃりんこりんごです(><;
あたしの撮影スタイルは、コンデジでひたすら気に入った場所を撮るというだけでして・・・本当はもっとすごい撮影技術があったらいいのになーと思うことが多々あります(>ω<)

ベイブイさんが出されていた白石の現役写真には驚きました!
白石の現役写真は見たことがなかったので、すごく貴重な資料ですね!
軍艦島の現役時代のことも思い出しました。
軍艦島資料館に行くと、現役時の写真がたくさんあるので、それも圧巻でした^^

なんだかこうした写真を見ていると、
白石のことあまり知りもしない私がこんなに歴史のある白石を語っていいのかなという・・・^^;ちょっとドキドキしてきますw

かなり自己流ニュアンスで語り入りますが暖かい目で見ていただけるとうれしいです(^∀^)





2012.08.03 15:48 | URL | 秋空りんご #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://applesoda777.blog.fc2.com/tb.php/96-4f0d00f7

プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。