神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のうが高原ホテル(1)

Posted by 秋空りんご on 20.2012 広島   24 comments   0 trackback
Tag :のうが高原ホテル 廃墟 廃ホテル ピカソ キュビスム 山登り 瓦礫 遺跡 ブラック お風呂

去年の秋、私は広島のある山の上に建つ巨大廃墟に行く計画を立てた。

当日、前夜に飲んだ強力な睡眠薬の効果が朝にも残ってしまい、壁にぶつかったり嘔吐したりしていた。

不運は続くもの。さらに天候は曇り空から雨に変わっていった。

しかしどうしてもその廃墟に行きたかった私は、
フラフラしながらもそんな中でなんとか山を登り、物件に到着することができた。

P1050386.jpg

裏口から入ることにした。

CIMG2727.jpg

CIMG2729.jpg


どこもかしこも歪んでいる。

暗くてひどく湿っていた。


P1050043.jpg

P1050042.jpg


横の壁沿いにいた虫たちが、逃げるようにザワザワと上に登っていった。


P1050048.jpg


フロント。


P1050052.jpg


ホテルがどれほど枯れ果てようと、咲き続ける花たち。


P1050106.jpg


その向かい側には、美しい花を照らす偽物の太陽。


P1050365.jpg


地図を確認。

ここはお風呂がとにかく巨大なことで有名だ。


P1050084.jpg

P1050054.jpg


すごい荒れよう。


P1050068.jpg


その昔、ピカソとブラックは、あらゆる角度から見たものを再編集し統合する
美術表現や思考、「キュビスム」を生み出した。


P1050063.jpg


それは彼等のフィルターを通すことで見ることが出来る、
固定観念を脱却した夢のような世界だった。


キャンバスの中で芸術家は神となり、一点透視法は無視された。


P1050060.jpg


廃墟は時にそうした芸術家の追随者になっていく。


P1050072.jpg

P1050093.jpg

P1050075.jpg

P1050078.jpg


これほど荒廃された空間にいれば、自分の荒みゆく気持ちなどちっぽけに思える不思議。


P1050069.jpg

P1050096.jpg


非常口さえ非常事態だよ。


P10500888_20120220045753.jpg


次はお風呂です。



ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

とうとうのうが高原編、スタートですねv-10

地図から見ると当時から立ち入り禁止箇所があるんですね。
廃墟となるのを運命付けられていたかのように…
穴の開いた天井から差し込む光が、この廃墟の美しさに花を添えてます。

次のお風呂編、楽しみにしてますo(*^▽^*)o~♪
2012.02.20 09:13 | URL | なん1939 #i5dPGS9U [edit]
パチもんの太陽も綺麗だね。
廃レベルな更新、嬉しいです。
2012.02.20 09:26 | URL | 山下 #- [edit]
こんにちわ、りんご様。

もんじゃ焼きを作りながらの廃墟探索、お疲れさまです。

緑豊かなホテルですね。とっても美しいです。
非常口、かなりヤヴァイですね。綱渡りですね。
天井が崩れた廃墟の光の射す様子は、とても神々しいものを感じます。

剥き出しになった鉄骨や、空調のダクトは、廃墟の骨組みを彩る素晴らしいオブジェだと
思いました。

廃墟への思いを募らせつつ、もんじゃ焼きを踏まないかと心配もしておりますw

2012.02.20 12:35 | URL | 飴野天機 #1wIl0x2Y [edit]
おおっ!のうが高原!
実はまだ行ったことがないんですよね´ `
ブログ見てたら行きさアップしてしまいましたw

りんごさんの記事は探索感があって楽しいですね
後編も楽しみにしていますノ
2012.02.20 13:17 | URL | HYPO #97JJWI.A [edit]
あらら勿体無い食べたものは下からださないと!お百姓様に叱られちゃうよ(笑)
そうそうおれピカソと誕生日同じなんだぜ(^^)v だからおれの字は読めないといわれるのか(>_<) 芸術バンザイ\(^^)/
2012.02.20 13:43 | URL | ショーグン #- [edit]
お風呂…ついに入浴シーンが…
2012.02.20 18:02 | URL | カト #- [edit]
( ゚∀゚)o彡゚ のうが!のうが!
今日の写真はコントラスト高めだね!
太陽綺麗だなー(´・ω・`)
おれものうが行きてぇよぉ。
個人的には非常口の非常事態っぷりが好きw
行ったらマネしよう( ^ω^)
2012.02.20 18:44 | URL | だみあん #- [edit]
>なんさん

お待たせしますたー!のうが高原スペシャルです♪
今のところ全4回でお送りする予定です。

今回ちょっといつもより記述が暗めで真面目な内容ですが、
その物件それぞれに合わせている感じでもありますので
それでその雰囲気がみんなに伝わればいいなーと思っております。

見所は次回のお風呂編が一番になると思います!

その後はホテル棟、向かいの別棟と続きますよ~(´∀`*)ノ

2012.02.20 21:44 | URL | りんご #- [edit]
>山下さん

この花にとっては本物の太陽がなくても、
向かいで照らし続けてくれるこの偽物の太陽さえあれば十分なんだと思います。

もはや「廃ダイナミックレンジと合わせてお読み下さい。」だよ(^∀^*

山下さんの記事を見たからのうがの太陽を出したわけじゃなくて、
今日、のうが出そうとしたら、
「あれ?そういえばのうが、太陽あるじゃん・・・」ってまたシンクロしちゃったw

うちらくらいシンクロ率高かったら使徒全滅できるかも^^;
2012.02.20 21:56 | URL | りんご #- [edit]
>飴野さん

もうこの時はまさに雨の天気で、飴野天機さんですよw

まぁあたしはどちらかというともんじゃよりお好み派なんですけどね、ってそういう問題じゃないですかねw
でもこの時はもんじゃ作ってましたね。
もんじゃ美味しいですよね。食べる分にはね。
でも逆に口から出すもんじゃはちょっと微妙ですね~。

廃墟で神々しさを感じることは多々あります。
非日常である廃墟には、神が設計したような光景もたくさん広がっています。

飴野さんも廃墟的オブジェにそそられるとはやはりもう立派な廃墟マニアになって
きてますね~^^*

非常口にツッコミを入れたい感じですよね。
「非常口、君のほうこそ非常事態だろう!?」と。









2012.02.20 22:08 | URL | りんご #- [edit]
>HYPOさん

探索感ありますか?うれしいです!

HYPOさん、ぜひのうが行ってみてください^^*
もし冒険好きでしたらここはたまらないと思います。

ここに行った経験から、私はその後迷宮系巨大ホテル廃墟の虜になりましたので。

次回出すお風呂は、本当に凄いです。
たぶん私の写真では臨場感が伝えきれないので、これはぜひ現地で見て欲しいです(><
2012.02.20 22:12 | URL | りんご #- [edit]
>ショーグン

なんか初めの方でショーグンのことショーグソとか言ってたの思い出したw

お百姓さんすまねーーー(TДT)

ショーグンそういえばピカソと誕生日同じって話してたよね!
ショーグンの字、そんな芸術的なん!!?
分解しちゃってる感じ?w
ピカソの生まれ変わりなんじゃん?

芸術は爆発だーーーー!!
あ、これは岡本太郎か。



2012.02.20 22:20 | URL | りんご #- [edit]
広島にこんな素敵な廃墟があったとは…。当時はまだ廃墟探索も初心者で、毒ガス島だけで満足していました(笑)。

かなり広いホテルで探索も楽しそうです。壁の太陽とかの絵は落書きかホテルのオリジナルかどちらでしょうね?

現役時代のパンフレットは貴重ですね。開業当時の写真と今を見比べられたり、ホテルの情報があったり…。

お風呂編も楽しみにしています♪。
2012.02.21 08:14 | URL | ◎ギガントキモス◎ #- [edit]
スマホからだよー
この間の数字認証に戻せばいけんじゃなあいかい?
2012.02.21 18:19 | URL | ショーグン #- [edit]
>カトさん

アヒャ!! o(*・∀・)つ☆(.;.;)3`)アブッ

ここのお風呂は色々な意味で死ねるお風呂ナンバーワンかと。
ガラスで血だらけになりそうですし、足滑らせたらあの世逝きです。

そのスケール感が次回伝わるかどうか・・・^^
2012.02.21 21:15 | URL | りんご #- [edit]
>ダミアン君

ダミアン君近いからいつでも行けるでしょ^^♪
のうが大人気だよね!

非常口の非常事態面白いよねw
自らが非常事態になりながらも非常口の行き先を照らす
仕事っぷりは見習いたいものですな~。
2012.02.22 04:36 | URL | りんご #- [edit]
>ギガントキモスさん

いつも欠かさずコメント本当にありがとうございます^^

私は大久野島は行ってないので逆ですね~。

ここの壁の絵は落書きではないと思います。
元々ここに描かれていたものかと。

ここはアクセスの不便な山の上にあるので、人為的な荒らしに感じるものは
全くありませんでした。
その代わり自然崩壊が凄まじい^^;

パンフレットを広げて現役当時の写真をたくさん見ましたが、
もう涙出そうになりました(TT)
その変貌ぶりが凄くて・・・。

次回のお風呂はこの物件の一番のメインです。
2012.02.22 04:40 | URL | りんご #- [edit]
>ショーグン

ありがとー(*^∀^*)

なんとか解決したよ♪
2012.02.22 04:41 | URL | りんご #- [edit]
こんにちは^^
レンガの感じが素敵です。

上から三番目の写真はなんの場所ですか?
写真としてはすきですが、その写真だけちょっと重たく感じます。
2012.02.22 16:49 | URL | chopper #MVVQ0RlQ [edit]
>chopperさん

コメントありがとうございます♪

レンガはここ、レストランだった場所みたいですね。
でも凄まじい崩壊です^^;

3枚目の写真なんですが、どこだったかな・・・?
あまりよく覚えていないのですが、
たぶん裏口から入ってどこかの部屋を覗いたときに見えた光景だと思います。
なんかちょっと暗くて怖い感じしますよね。

のうがは色々な顔があり、圧倒されるようなすごい物件でした。
2012.02.22 18:31 | URL | 秋空りんご #- [edit]
おお~!かの有名な物件!
数年前、某書籍では観光協会が復活を…などと書いていましたが、
相変わらずなんですねw
2012.02.22 23:25 | URL | F090/S #- [edit]
>F090/Sさん

ここはかなり有名ですが、意外と行かれたことがない方が多いみたいですね。

先日、F090/Sさんが廃墟ブログランキングのほうからいなくなってしまわれてたので
びっくりしてしまいました(><;寂しいです。

ここを復活となるともう途方も無い作業かと・・・。
見た感じではとてもじゃないけど復活できるとは思えませんでした^^;

でも復活した際には必ず宿泊に行きたい場所です(^∀^♪
その日が楽しみです。

2012.02.23 00:09 | URL | 秋空りんご #- [edit]
はじめまして

のうが高原に私も探索に行こうと思っているんですが、

迷わずにたどり着けたのですか?

廃墟サイトのブログを見ても、山登り大変そうなのですが・・・。

カートビスタヒロシマから訪れるルートがいちばん良いルートなのですか?

良いアクセス方法があれば教えてください。


ちなみに登山訓練所の廃墟は私の家から車で1時間くらいで行けます。
場所は知ってますが、まだ訪れてないです。(苦笑)
2012.07.07 11:54 | URL | 廃墟まにあ #- [edit]
>廃墟まにあさん

はじめまして!

のうがの件ですが、私も広島に行った時は絶対行きたいと思い、
調査能力が凄い友人(廃墟マニアではない)に、のうがに通じる最短の山道を見つけてもらいました。
私はその友人の後について行っただけなので、物件までは迷わず到達することが出来ました。

その際の山登りの所要時間は片道30分くらいでした。
友人に感謝です。

すみませんが廃墟については、これ以上の詳しいアクセス方法を公表することを控えています。

ただ、その時友人が言っていたのは、廃墟マニアさんの情報よりも、
山登り専門の方の情報を参考にしたと言っていました。



2012.07.07 15:25 | URL | 秋空りんご #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://applesoda777.blog.fc2.com/tb.php/59-db93b49f

プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。