神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍艦島上陸ツアー(前編)

Posted by 秋空りんご on 13.2011 長崎   10 comments   0 trackback
Tag :軍艦島 廃墟 上陸 ツアー 長崎 炭鉱 団地 アパート PV撮影
今回はまた少し原点に戻ってみたいと思います。

憧れの場所「川南造船所」にて生まれ変わり、私が廃墟オタクになる前日に行った場所・・・
それはあの神物件・・・端島(軍艦島)だった!!
(軍艦島の歴史などについて知りたい方は、詳しく書いてある他のサイトを見てみてね☆)

その時、まだ廃墟オタクでもなく、ただ川南造船所推しであるというだけだった私は、
特に軍艦島に行きたいと切望していたわけではなかったが、
訪れるきっかけとなったのは、友人から「軍艦島上陸ツアー」へ参加しようという話が出たからだった。

当日はあいにくの雨。風も強い。海の状態や天候によっては上陸できないといわれる軍艦島。
無理かもしれない・・・。
でも上陸したい!!いや、できるはずっ!!上陸を信じた。

伊王島で軍艦島上陸ツアーの手続きをし、私たちが乗る船「ブラックダイヤモンド号」を待った。

私は、軍艦島上陸ツアーに参加する人数は私たちを含めて10人くらいなのではないかと予想していた。
廃墟の島に興味のある人がそんなに多いとは思えない。そう高をくくっていた。

しかし!!

船の中に入ると
200人乗れる船が満員!!

なな、なんちゅう人気っぷり!!
もう「世界の軍艦島」じゃん・・・!!
廃墟とか興味あるの?って感じの女子たちもたくさん・・・。
老若男女・外国人・とにかく色んな人がいる!!

そしてブラックダイヤモンド号は軍艦島へ向け出航。

途中で現れる島々を説明する乗務員さん。「あれは高島です」
みんな「へー(*´-ω-`)ウンウン♪」といった感じ。
出航から約15分・・・ついに遠く海の先に、見たことも無いオーラを放つ島が姿を現し始めた。

P1020013.jpg

それはまるで伝説から抜け出してきたかのような存在感。

水平線の上に浮かぶ巨大な生き物のような灰色の島がみるみる近づいてくる。

CIMG1833_20111213133354.jpg
※右から、鉱員社宅51号棟、日給社宅16号棟、護岸に対し垂直に建っているのが鉱員社宅59,60,61号棟

お客一同「うああああああああ!!!」ヾ( ゚∀゚)人( ゚∀゚)ノ゙!!!!!!

全員テンション激変。

P1010993.jpg
※左から65号棟裏側。中央、丸い屋根は体育館。右、端島小中学校裏側。そのほかは鉱業所の関連施設点在。

ぐ、軍艦島・・・想像してたより超・絶!!!カッコイイーーー!!!

P1020006.jpg
※そびえ建つ住宅群。一番目立つ手前の建物は、くの字型に曲がって作られている31号棟(ベルトコンベアが内部を貫通していた建物。)一番右に映っているのは日本最古のコンクリートアパート30号棟。B'zの「MY LONELY TOWN」のPVで稲葉さんがマイクを持って歌っているのはこの30号棟の西側あたりだと思う。

全ての人がシャッターを切りながら目を輝かせている。

P1010995.jpg
※職員社宅3号棟。島で一番高い場所に建っている。唯一内風呂があった。身分の高い人用のアパートである。

CIMG1836.jpg
※右上に見える小さい祠のように見えるものは、端島神社の残存部分。真ん中、空中に架かる渡り廊下は、奥にある56号棟方面とマンモス棟65号棟を繋いでいる。

P1020001.jpg
※左から端島小中学校、島内一番のマンモス棟65号棟裏側、一番右に見えるのは端島病院。この護岸の左側の方クレーンがあった場所でも確か稲葉さん歌ってたね。(B'z大好き♪)
CIMG1824.jpgあたしの後ろ姿

船は島へ接岸する・・・。しかし、何度やっても安全性が確保されない・・・。
そしてアナウンスが流れた。
「本日の上陸は不可能と判断致しました」

ええええええええ

その瞬間
あまりにショッキングな告知によって急激に精神力の弱ったあたしは、
一瞬にして船酔いを引き起こしたΣ(´Д`;)グオおおおッ!!


つづく

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
↑押してくれたらうれしいでつ
スポンサーサイト

オチで笑ってしまいました!
それにしてもブラックダイヤモンド号ってナイスな名前ですね~石炭は黒いダイヤですもんねw
端島にはずっと憧れてましたが「深く潜れ」を観て以来、猛烈に行きたい場所なんです!
続きが楽しみです!
2011.12.13 19:00 | URL | F090/S #- [edit]
はじめまして(^ー^)私も関東在住で廃墟巡りをしています!
マヤカンと松尾坑山はいったのですが端島はまだいったことがないです、上陸ができないことがあるとは知りませんでした残念ですね(T-T) 続き楽しみにしてますね(^-^)v
2011.12.13 23:29 | URL | ショーグン #- [edit]
軍艦島、その佇まいだけでも圧巻ですね〜。物凄いオーラを放っていますね。

上陸出来ないなんて事もあるとは…初めて知りました。

アパートや学校や病院…全部くまなく探索してみたいですが相当時間掛かりそうですね。

ツアー参加者、僕もりんごさんと同じくらいだと思っていましたが、人気あるのですね。

その後の船酔いが心配ですが、次回も楽しみにしています♪。
2011.12.13 23:47 | URL | ◎ギガントキモス◎ #- [edit]
軍艦島は何度見ても最高ですね。
案内をされていたのは坂本さんですか?
先日、鉱石の道シンポジウムで会いました〜

しかし、上陸できずとは残念ですね。
2011.12.14 00:14 | URL | HEBU #t50BOgd. [edit]
>F090/Sさん

もうこのあたしのこの状況笑っちゃいますよねΣ(ノ∀`*)ペチ
この後かなり大変でしたwそれは後編にて・・・。

あたしは「深く潜れ」を見たことないので見たいです!
でもレンタルなかなか無いみたいですね。

石炭=「ブラックダイヤ」ってカッコイイですよね♪
2011.12.14 06:12 | URL | りんご #- [edit]
>ショーグンさん

はじめまして!コメントありがとうございます♪

ショーグンさんも廃墟巡りされてるんですね!
関東圏内は私にとってもホームグラウンドなので色々お話できそうでうれしいです^^

私は逆に松尾にまだ足を運んだことがなくて・・・行きたいです!

端島(軍艦島)は上陸できない可能性もかなりあるんですよ~(TT)
だからこそ余計に上陸するということに価値があるのかもしれませんね。
2011.12.14 06:20 | URL | りんご #- [edit]
>◎ギガントキモス◎さん

おはようございます(*^^*)
いつも見ていただけてうれしいです!

軍艦島は聖地という言葉がぴったりですね!
島は確か歩いて約20分で1周できるほどの大きさです。
その小さな島にこれだけの建物がそびえ建つ光景は鳥肌ものですよ☆

ぜひいつか現地に行ってその空気に触れてみてくださいね。
でも上陸ツアーでもあたしみたいに上陸できないことが結構あるので要注意です(笑)
天候とか海の状況とかを徹底的に調べて、安全な日に行くのがベストですね。
2011.12.14 06:25 | URL | りんご #- [edit]
>HEBUさん

はじめまして!コメントありがとうございます(^∀^*)

軍艦島は最強ですね!

後から知ったんですが、案内されてる方が結構有名人だったんですね!
その日は坂本さんだったかよく覚えてないんです(><;

鉱石の道シンポジウム、気になります(^ω^)
そういう場所に参加したことがないので一度行ってみたいです。
2011.12.14 06:31 | URL | りんご #- [edit]
 はじめまして
長年忘れ去られていた軍艦島が明治遺産や廃墟ブームにシンゲキの巨人で最近よくテレビでやっていますね。
 初めての訪問だったのですか?いいですね。行ってみたいです。
2015.07.30 13:06 | URL | ガロ #XHVOxBjk [edit]
> ガロさん

はじめまして(^^)
最近の軍艦島の快進撃は凄いですよね。
今ツアーの予約とかちゃんと取れるんでしょうか?
なんだか凄いことになってそうな予感。
私はこの時初めての訪問でした。
感動しましたよ〜。・°°・(>_<)・°°・。
2015.07.30 23:27 | URL | 秋空りんご #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://applesoda777.blog.fc2.com/tb.php/20-40883ea5

プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。