神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奔別炭鉱(後編)

Posted by 秋空りんご on 14.2015 北海道   10 comments   0 trackback
奔別後編です。
0099P6250720.jpg
暗い場所を撮影する時ってフラッシュを使うか使わないか迷いませんか?
私はカメラについては素人なのですぐ迷います。
だいたい使ったバージョン、使わないバージョンで2回撮り良い方を採用します。

0099P6250721.jpg
この場所は水が上から滴り落ちてきていました。

0099P6250723.jpg
カメラについてはガチ素人の私も実は何度もカメラの勉強をしようとしました。
しかもやるとなったらあたしは徹底したいタイプなので、銀塩でかつ一時期はその現像工程まで自分でやろうとしたりw
あとは何十万もする新しいカメラを買おうかといろいろ調べまわったり…。

0099P6250724.jpg
でもそんな情熱も続くのはだいたいほんの2週間くらい。2週間調べに調べ、みっちりハマり込んでいつの間にか冷めてしまいます。
そうゆうのって結局本当はあまり興味はないんでしょうね…。
写真を綺麗に撮りたい意欲は常にあるんですが…f^_^;)

0099P6250732.jpg
ここらへんは前編でも出した場所です。

0099P6250740.jpg
立坑の下にも行きたかったし行こうとしたんだけど、
行けそうに思った場所に危険を感じたので引き返しました(汗)
もっと安全に入れる入り口みたいのあったのかな?

0099P6250748 (1)
次はホッパー跡へ。

0099P6250749.jpg
ここも巨大だー( ̄◇ ̄;)
奔別はどれもサイズが桁違いだなぁ。

0099P6250750.jpg

0099P6250752.jpg

0099P6250756.jpg

0099P6250759.jpg
内部は崩れかけの宮殿のよう。

0099P6250762.jpg

0099P6250766.jpg

0099P6250767.jpg

0099P6250768.jpg

0099P6250771.jpg

0099P6250772.jpg

0099P6250773.jpg

0099P6250774.jpg
扉もすごい大きさなんですがやっぱり伝えにくいなぁ…。

0099P6250777.jpg
扉側から内部を。

0099P6250779.jpg
ということで前編に引き続き再び夫を入れて大きさの比較を。
すごい大きいでしょ(゚o゚;;

0099P6250780.jpg

0099P6250781.jpg
外に出ました。

0099P6250783.jpg
日が暮れそうな中での探索でした。

0099P6250786.jpg

0099P6250788.jpg

0099P6250790.jpg
これはまた別の建物です。

0099P6250791.jpg

0099P6250815.jpg

0099P6250824.jpg
亡き骸に浮き出たあばら骨のよう。

0099P6250828.jpg
カッコイイ。

0099P6250839.jpg
後ろから。

0099P6250837.jpg

0099P6250840.jpg
お花が咲いていてとてもいい感じ。

0099P6250841.jpg

0099P6250843.jpg
この中はなにもない。

0099P6250844.jpg

0099P6250848.jpg
これも確か後ろ側。
ここもお花が綺麗でした^^*
そしてコンクリートの壁に這う蔦がまた美しかったです。
スポンサーサイト

今晩は。匿名で何度かコメントさせて頂きましたがカゲロウと名乗らせて頂きます笑
北から南迄色々な廃墟に訪れたりんごさん本当に羨ましいです。
今年の夏休みは少ないお金と相談して吟味に吟味を重ねて伊良湖試験場に決めました笑一人旅何ですが泣
先日埼玉の近代的廃病院Mに行ったのですが全ての窓に目張りがされて入れなかったのですが
外観だけでもと周囲を回ってパシャパシャ撮ってたら思いがけず霊安室に遭遇して怖くはなかったのですが何故こんな所にと驚いてしまいました。
初霊安室にブルーになってしまいました。長文失礼しました。
2015.07.14 20:49 | URL | カゲロウ #- [edit]
壮大ですね。。❗吃驚。
巨像恐怖症の僕には行くのはちとキツイかしら。。。。。
最後のお寫眞がとても美しかったです🎌
2015.07.16 01:10 | URL | 🎌アサ🎌 #- [edit]
> カゲロウさん

こんにちは🎵
私は全国いろいろな場所に行ってるように見えますが、廃墟だけを目的にして出た地方をまたぐ遠出の旅はさほど無いんです。
この北海道の旅も普通の旅行中に1日だけ私の希望で
廃墟巡りをしただけで、実際はあまり多くは巡れてません^_^;
でも普通の旅行も廃墟の旅も最近は行けてないです。
だからカゲロウさんの夏休みの一人旅が羨ましいです〜。一人旅はゆったりまったりマイペースに動けるし
良いですよね。
私も中学生くらいの頃から一人旅してました(^-^)
子供の頃は隣町行って知らない店に入るのが
ドキドキでしたw
楽しんできて下さいね。

埼玉の病院行かれたんですね。
霊安室は外にあるんですか〜。
私は霊安室に入ったことないけど確かになんとなくブルーな気持ちになりそうですね(汗)
2015.07.17 15:48 | URL | 秋空りんご #- [edit]
> アサさん

確かに巨大なので恐怖症があると怖く見えるかもしれませんね^_^;でも夜なら怖いかもしれませんが昼間なら大丈夫だと思いますよ〜。
かくゆう私も牛久大仏を初めて見た時は夜だったんですが、それはそれは怖かったです(°_°)
最後の写真は陽が暮れかけて暗くなってる中で撮影したにも関わらず意外にもしっかりと撮れていました。
2015.07.17 15:55 | URL | 秋空りんご #- [edit]
かなり崩壊してるところもあれば、看板などがそのまま残ってる所もありますね。

当時はけっこう栄えていたのでしょうか。

どんな人が働いて、どんなことをしていたのか、いろいろ想像してしまいます(`・ω・´)

それにしても自然に壊れたのか、人によって荒らされてしまったのか分からない部分が廃墟には多いですよね(′・ω・)

廃墟は自然に壊れている様が美しいできればそのまま残ってて欲しいです(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )ƅ̋

と思う素人でした(`・ω・´)ゞビシッ!!
2015.07.19 11:04 | URL | こーくん #- [edit]
> こーくんさん

この規模を見ると当時は相当な人数が働いていたと
思われます。
今は関連施設跡は少ししかありませんが、
当時はこの敷地内にいっぱい建物があったようです。

廃墟の残留物から当時を想像するのはうちの夫も
よくやっていたみたいです(*^_^*)
そうゆうお話を聞くとこーくんさんはきっと探索系の廃墟好きさんなんですね。

廃墟も最近はどんどん荒れて荒らされて
形を変えてしまったものも多くありますね。
ひっそりと自然に還る姿がやっぱり一番惹かれるものがありますが、ほとんどが人の手で荒らされている気がします。

あたしも素人ですよ〜(・ω・)ノ
2015.07.21 17:50 | URL | 秋空りんご #- [edit]
初めまして、いろはと申します^_^
ついここ何ヶ月か前から色々と拝見させて頂いてます。
他のサイト様よりも廃墟写真が多めで素晴らしいですし、
実況のような感じと抑揚ある文章がとても面白いです。
これからも更新楽しみにしております!

余談ですが、私も廃墟旅を11年ほど北海道内とその他周遊しております。
次回北海道にら来られることがあるなら羽幌炭鉱がオススメです。
他にも炭鉱はたくさんありますが、炭鉱についてはお任せ下さい^_^
私も過去サイトをいくつかしてましたが今は最近始めたブログのみ稼働してますが、よければ見てみて下さい^_^
2015.07.26 06:34 | URL | いろは #- [edit]
> いろはさん

初めまして(*^^*)
普段の生活で褒めてもらえることがないので、
そんな風に褒めていただけてとても嬉しいですw

最近の文章は以前よりもテンションを抑えめに書いています。
年齢的にもちょっと落ち着こうかなとか。
…無理かもしれませんが^^;

いろはさんも廃墟の旅されていたんですね。
羽幌炭鉱は行きたかったのですが、道内の予定周遊コースを大きく外れてしまう
形になりそうだったのでこの時は諦めたのですが、次回は出来たら行ってみたいです。
いろはさんは炭鉱がお好きなんですね!
炭鉱はその歴史や残留物、たくさんの施設跡など深く楽しめますよね。



2015.07.26 17:53 | URL | 秋空りんご #- [edit]
残存物、規模の大きさ、鉄骨の状態等、素晴らしい物件ですね。
いつかは行って見たい、でっかいど~北海道!
素晴らしい記事、楽しみに待ってます!
2015.07.29 22:27 | URL | まこちゃん #t50BOgd. [edit]
> まこちゃんさん

ここまで軒並み素晴らしいものが揃っている物件も
珍しいですよね。
北海道は縁のある場所なので、私もまた北海道に
行った際には海鮮などをたらふく食べに行きたいです。
あ、廃墟とは関係ないですね^^;
まこちゃんさんもぜひ北海道へ!
2015.07.30 23:09 | URL | 秋空りんご #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://applesoda777.blog.fc2.com/tb.php/189-d4e92f2e

プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。