神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルO <前編>

Posted by 秋空りんご on 06.2015 山梨   6 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃ホテル 土砂
行って近くをぶらぶらするも意外と場所がわからず探した廃墟。

ここら辺であってるのかな?と
近くに住民の方がいたので聞いてみることに。
すると快く場所を教えてくれました。
助かったー(^^;
住民の方ありがとうございました。

DSC02115.jpg
そうそう、ここ!

DSC02117.jpg
ん?動物でも飼っていたのかな。

前回の、最近行った廃牛と近い場所にありますが、こちらの訪問日は今から約3年前です。

dsc021222_2015011917591920a.jpg
その後テレビの心霊番組で度々取り上げられたりと注目が集まったホテルO。

DSC02124.jpg
ここは土砂に埋もれた廃墟としても有名です。

DSC02125.jpg

DSC02126.jpg

DSC02127.jpg

DSC02128.jpg
一階部分が土砂に埋もれた形跡が今でも残っています。

犠牲者は出たのでしょうか。

DSC02130.jpg
そういうこともあって心霊番組に取り上げられたのかな。

DSC02134.jpg
でもあたしは幽霊=邪というイメージは全くない。

DSC02137.jpg
湾曲した造りが特徴的なホテル。

DSC02140 (1)

DSC02141.jpg
土砂といえば東日本大震災で生き埋めになった話や、広島の土砂災害を思わずにはいられない。

DSC02146 (1)
私は犠牲者の幽霊を怖がるなんてできないです。
遺族にとっては幽霊でも会えたら嬉しいですよね。

DSC02149.jpg

DSC02151.jpg
ただ、廃墟に1人で入るのは怖い。
なんか、ただただなんとも言えぬ恐怖はある。それが何に対しての恐怖なのかといえば、よくわからない。

DSC02161.jpg
閉鎖された中、1人という寂しさに対してか
何が起こるかわからないという事への怯えか
怪我したらどうしようという現実的なものか
あるいはそうゆうもの全てか

DSC02171 (1)
だから1人で廃墟に入るのはオススメできません。
私が1人で行っていた頃は廃友さんが1人もいなかったですし、私は独身で失うものがない怖いもの知らずでした。
強がっていても何気に仕方なく1人で行っていた側面が強いです。
それでも廃墟に行きたいので怖くても耐えてましたけど。
でもこの間一人で入ってみたら、怖くてすぐ出てしまいました^^;
1人はやめましょう・・・。

DSC02175.jpg
ここはお風呂です。なかなかゴージャスでした。

DSC02179 (1)
この廃墟のそばで熊の足跡のようなものを見かけました。

廃友さんがここで熊さんと遭遇したと言っていたので、本当に熊がいるのだと思います。

⊂(ο・㉨・ο)⊃”くまデス…    ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛

DSC02184.jpg

DSC02186.jpg

DSC02191.jpg

DSC02195.jpg

DSC02196.jpg
所々で感じる昭和感。

DSC02200.jpg

DSC02204.jpg
壁の剥がれ具合が素晴らしかったです。


☆おまけ☆

以下4枚は加工したものになります。

DSC02182_20150117153110e73.jpg

DSC02230_20150117153111098.jpg

DSC02249_20150117153113126.jpg

DSC02280_20150117153114d5e.jpg

後半につづく。
スポンサーサイト

初めてコメントさせていただきます、Sakuraと言います。ふとした事から廃墟を探索している方のブログをチェックするようになりまして、同性である事と、実は私には去年の3月17日生まれの双子の娘がいまして勝手に親近感抱いてます。 更新楽しみにしてますが建物がもろくなっていたり危ない事もあると思うので気をつけて探索してくださいね。
2015.02.07 15:21 | URL | Sakura #- [edit]
>Sakuraさん

はじめまして!コメントありがとうござます♪

Sakuraさんもお子さんがいらっしゃるとのことで私も親近感を感じます。
双子ちゃん、大変でしょうがかわいいでしょうね^^

私も今はなかなか廃墟に行けなくなってしまいましたが、やっぱり廃墟は大好きで
主婦になっても「あー、いきたいなぁ・・・」なんてたびたびつぶやいてしまいます。

お互い子育て頑張りましょうね。
2015.02.08 19:58 | URL | 秋空りんご #- [edit]
冬にこの廃墟に行ったんですが、外の雪景色と静けさと相まってすごく幻想的な雰囲気を持っていたと記憶に残っています。
近くの坂道が凍っていて車が登れなくなってしまったのもいい思い出です・・・
2015.02.14 15:23 | URL | 東雲みょん #- [edit]
>東雲みょんさん

私も雪景色のときに行きました。
周りには家などあるのにとても静かな場所でしたね。

ぽつんと孤立して建つこのホテルに不思議なオーラがありました。

ちなみにここに行く途中やはり道が凍っていて、夫が滑って転びましたw

「気をつけろよー」と周りを気にして声をかけてる途中で本人がステーンと転んでました。
2015.02.14 23:52 | URL | 秋空りんご #- [edit]
りんごさんお久しぶりです😍
廃牛さんの記事も見ていたのですがなかなかコメント出来ませんでしたT_T

りんごさんの写真に癒されます。
心霊スポットと言われている所は殆どが廃墟ですが、私もそんな気持ちで廃墟を見ていません(*^^*)

無理くり心霊スポットとしている廃墟って沢山あると思います(ノ_<)

ただ廃虚に興味ない方からしたら
心霊スポット好きと廃墟好きの人は
同じに見えているのかなとも思います。

危険も多い廃墟にはできるだけ一人で行かないようにして、これからも廃墟探検を楽しみたいと思います(*^^*)
2015.02.15 19:29 | URL | りん #SFo5/nok [edit]
> りんさん

お久しぶりです^ ^
コメントは気が向いた時でいいので気負いしないで下さいね。

私の写真癒されますかね^_^;?本人は全然よくわかってないです。

廃墟はもしかしたらほとんどの人がイコール心霊と考えるかもしれないですね。
私も子供の頃はそうでしたし^_^;
今は廃墟趣味が認知されてきたのでそうゆうのも
少し減ったかもしれないですが。
でも廃墟を愛でるというのは大人の趣味なのかなとは思います。
この趣味に深く入りこむにはある意味独特の情緒が必要な気がします。
そうゆうのは子供にはなかなか理解し難いかもしれないですね。
ただ、廃墟で騒ぐとかそうゆうのならわかるのかもしれませんが^_^;

危険を避けながらこれからも探索楽しんで下さいね。
2015.02.16 10:54 | URL | 秋空りんご #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://applesoda777.blog.fc2.com/tb.php/171-b1ed9f78

プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。