神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幌内炭鉱その他の施設跡地

Posted by 秋空りんご on 26.2013 北海道   2 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃屋 炭鉱 鉱山
幌内炭鉱その他の施設詰め合わせの回です。

建物がたくさんなので写真もたくさん!

主に坑道、選炭場(?)などです。

P6250598.jpg
この崩壊した建物は何かわからない・・・。

P6250599 (1)
こういう煉瓦造りの建物大好きです。

P6250600 (1)
これが何かはよくわからないんですが・・・。

P6250602.jpg
と、思ったら案内の看板がありました。
炭鉱跡地はこうして今は観光地になっている。
でも人が来ているのかどうかは不明。

P6250607.jpg

P6250608.jpg

P6250609.jpg
こちらが大坑道。音羽坑。

管理人さんが色々説明して下さってたんだけど、写真撮影に夢中でちょっと全部聞けなかった。

P6250613.jpg

P6250615 (1)
色々な所に残留物が落ちている。

こういうのも管理人さん一つ一つ説明してくれたんだけど・・・覚えてないんだよね(TーT)

P6250617 (1)
こちらも坑道。
錆び付いたパイプが坑道を塞いでいるコンクリを貫いてますが、
ガス抜き(?)みたいなものが未だに行われているそうです。

P6250623.jpg
坑道の隣に建つ小さな神社。坑道は危険がいっぱい。事故に遭えば死ぬことも。
坑夫はここで安全を祈ってから中に入ったのかもしれないね。

P6250624.jpg

P6250626.jpg
ここが常盤坑。

P6250627.jpg
ここにもちゃんと狛犬君がいる♪

P6250628.jpg
当時は、差別されていたアイヌ人が無理やり重労働させられたりもしていたらしい。

P6250629.jpg
さらに、犯罪者とかもかなり過酷な労働をさせられていて、死亡したりしていたらしい。
逃げても捕まえられて体罰とか受けていたって・・・。

P6250630.jpg
とにかく炭鉱とはきつい場所だったらしいのだ。

P6250632.jpg
でも父も炭鉱で働いていたんだけど、当時は現代と違って皆が親密で楽しかったと言っていた。
軍艦島で働いていた人もそう言う人多いですよね。
ただ、一方で差別されていた民族だったり、犯罪者だったりが過酷過ぎる労働を強いられていたのも事実みたいですね。
父が働いていた時代にもそういう人がまだいたのかどうかはわからないですが・・・。

P6250634 (1)

P6250637 (1)
この錆びたブリキ(?)が置いてあるところ、確か穴が開いていたので塞いだ物だから、
上を踏まないようにと言われた気がします。

P6250638 (1)
こういった備品が色々な場所にたくさん落ちてる。

P6250643 (1)

P6250644.jpg
説明を聞いてるときは、3000円払ったかいがあると思っていたのに
今思うとほとんど覚えてないんだから・・・意味ないよね(笑)

P6250645.jpg
・・・私はこの時ほんとに写真を撮るのに夢中だったので・・・。

P6250647.jpg
それにこの日この後のスケジュールも詰まっていて、私はかなり焦っていました。

P6250622 (1)
この後のスケジュールとは、奔別炭鉱に行きそこも探索し、
終わり次第函館まで車で移動するというスケジュールです。
結果的に函館まで7~8時間かかりました。

P6250648.jpg
お花がキレイ♪いい季節。

P6250649.jpg
こういった観光用の道も、みかさ炭鉱の記憶再生塾の方が来て草むしりしているんだって。
でも観光に来る人もどのくらいいるのか・・・。
その為にこうして定期的に整備するというのは確かに大変なことだと思う。

P6250651.jpg
この写真はけっこう気に入っています。先ほどの花がさいていた写真の奥のコンクリの内部です。

P6250654 (1)

P6250656 (1)
これは帰り道、上記施設跡とはちょっと離れていた場所にあった小さな橋。

P6250428.jpg
これらも離れていた場所に・・・

P6250429.jpg
あった・・・

P6250431.jpg
建物の残骸たちです。

P6250434.jpg
幌内炭鉱の近くの家。これらは人が住んでいる現役の家。

P6250433.jpg
でもなぜか屋根が吹っ飛んでいたり、現役なのにかなり廃なんですよね。

P6250436.jpg
この集合住宅も幌内で働いていた人たちが使っていたものだったかな・・・?
でもそれにしてはきれいなような・・・。
・・・やはり情報を覚えていない(TーT)
いずれにせよ窓は目張りされ、ほとんどの住人が消えた町となっています。

P6250437.jpg

P6250481.jpg
幌内炭鉱変電所内にあった写真。当時の幌内炭鉱の航空写真。

P6250486.jpg
神社や変電所はこうして修復された箇所もあるようですが、残念ながら神社は吹き飛ばされていましたね・・・。

P6250494.jpg




☆ブログ村ランキング☆
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

りんごさんご無沙汰しています。
お元気そうで何よりですv-7

大規模な廃施設ってあちこち見どころがあっていいですね~!

また楽しみ訪問させていただきます!!

2013.11.30 13:29 | URL | ひょいひょい #- [edit]
>ひょいひょいさん

お久しぶりです~♪コメントありがとうございます^^*

炭鉱は施設跡を探し出すのも冒険の一つです。

だいたい山の中に点在していたりするので、
夏だと雑草に囲まれて見つけられなかったり、見つけても入れなかったりもしますね。
だから鉱山の探索は冬がいいかもしれません。
でも北海道だと冬も微妙ですよね(笑)

探索出来る時期が限られてるのも逆に魅力の一つかも?




2013.12.04 17:04 | URL | 秋空りんご #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://applesoda777.blog.fc2.com/tb.php/139-dc89294b

プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。