神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幌内炭鉱変電所・内部(2)

Posted by 秋空りんご on 21.2013 北海道   0 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃屋 廃変電所 幌内炭鉱 変電所 産業遺産
今日は幌内炭鉱変電所の内部、パート2です。

P6250597.jpg
それっぽくドアノブを撮影してみる。
これといって理由はない。

P6250580.jpg

P6250575.jpg

P6250531.jpg
こうゆう暗くて機械がたくさんある場所好き♪ちょっとスチームパンクっぽい。

P6250523.jpg
残留物はあまり撮影しない方なんだけど、ここは残留物がたくさんあるので、
いつもより多めに小道具類も撮影してみたりしました。

P6250539.jpg
静けさを纏う窓。

P6250555 (1)
アート感漂う扉。

P6250570.jpg

P6250573.jpg
廃墟の剥がれた壁って、油絵で色々な色を塗り重ねて作り上げたひとつの表現のようにも見える。
つまり絵画のように見えるんだよね。
だから私は壁をメインに撮影することが結構あります。

P6250546.jpg

P6250535.jpg
今回やたら縦写真が多いなぁ・・・。

P6250577_20131121010413771.jpg

P6250583 (1)
何かのPV?に使われたと管理人さんが言っていたけど、実情はよくわからない(笑)

P6250596.jpg

P6250585.jpg
管理人さんも巻き込んでの探索はなんだか達成感があり、満足できました(´∀`)
こうして内部も見れたので、ホントここに来たかいがあったし、管理人さん呼んで正解でした。

次回は幌内炭鉱のその他の施設跡を巡ります。


☆廃墟ブログランキング☆
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://applesoda777.blog.fc2.com/tb.php/138-d201488a

プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。