神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幌内炭鉱変電所(外観)+清水沢火力発電所(外観)

Posted by 秋空りんご on 08.2013 北海道   3 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃変電所 変電所 幌内炭鉱 幌内変電所
山の奥深く眠る、絵になる廃墟。

変電所や発電所はそんな場所が多い気がする。

P6250379.jpg

ここもそう。

正式名称は北炭幌内炭鉱変電所。

もちろん現役ではないので変電所「跡」なわけだけど。

P6250390 (1)

管理され、保存対象とされているので、とっても古いのに綺麗。

それぞれの扉が折れる形で開く正面扉の形状が、凝っていて素敵です。

P6250396 (1)

落ち着いたモスグリーンの色彩は申し分なく、錆具合も最適。

保存されてるといってもリノベされてるというわけではなく、
美しい廃墟としてのちょうどいい素材が揃っている。

P6250388.jpg

建設は1919年(大正8)年頃らしいです。

正確な年はわかっていないみたい。

P6250402.jpg

北海道炭礦汽船清水沢火力発電所から送られてきた電気を変電する役割を担っていたそう。

ちなみにその清水沢火力発電所跡はこちら。↓

P6240316.jpg

2010年、第142回直木賞受賞作品『廃墟に乞う 』の舞台になった場所です。
(正式にそう公表されているわけではないですが、私がこの小説を読んで、舞台となった廃墟はここだろうなと特定しました。)

ここは前の日に通っただけで、この日内部に入るのは諸事情により無理だったんです。

ちなみに幌内炭鉱は三笠市、清水沢火力発電所は夕張市にあるので、この2つは近くにあるわけではないです。

北海道は移動に時間がかかるため、本州感覚で距離を考えているとほんと痛い目に合います。
「遠いといっても同じ道内なんだし、道もすいてるしすぐだよ♪」なんて悠長な構えで走り出すと、
1日中車を走らせなきゃ辿り着かないなんてことも普通にあるので注意が必要( ̄▽ ̄;

でもこの2つの建物の距離はそこまでではないですけどね。

P6250394.jpg

P6250403 (1)

P6250383 (1)

P6250386.jpg

物が緑にのまれる姿が見れるのは廃墟の醍醐味。

P6250393.jpg

さて、中に入ろうかと思ったんだけど、問題が発生。

こういうキレイな廃墟(管理者あり)に共通していることと言えば・・・。

P6250404.jpg

P6250380 (1)

どこもかしこも開いていない。

無理に扉を開けようとすれば、もろい扉の取っ手などが壊れてしまいそうな感じ。

壊すのは絶対NG。

でもここまで来たんだから入りたい。

でも入れない。

どうしよう。。。

普段なら諦めるんですが、北海道に来たんだし、もうなかなか来れる場所じゃないので、
この時の私には「諦める」という発想はなかった。

結論を言うとちゃんと中に入れました。

もちろん壊したり無理やりこじ開けたりはしていません。

どうやって入ったかは次回詳細をお知らせします。

次は内部を隅々まで公開♪

近々更新します^^*

☆つづく☆

P6250395 (1)


廃墟ブログランキング↓
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

お洒落な建物ですね(^-^)。外観だけでもかなり廃墟美を感じますが、やっぱり中に入ってみたくなりますよね。

炭鉱とか、昔栄えた場所が今は寂れているというのは何だか不思議ですね。

どちらも美しい佇まいが印象的な物件ですね。

僕も近々廃墟に行きたいと思っています(^^)/。
2013.11.25 20:27 | URL | ギガントキモス #- [edit]
>ギガントキモスさん

こんにちはー^∀^*

北海道の廃墟は木造とかは倒壊してしまうのか、
やはり頑丈な建物だったり、頑丈な部分だったりが残っているものが多い気がします。

北海道の廃墟を調べていたらここの変電所を見つけ、
ここが一番行きたい!と思った場所でした。

だからどうしても中に入りたかったんです^^;

もしギガントさんも北海道に行くことがありましたらぜひw

他にも北海道には色々廃墟ありますが、とにかく移動が大変ですーw
2013.11.28 15:19 | URL | 秋空りんご #- [edit]
こんにちは。

幌内炭鉱変電所をググっていたら、こちらに辿り着きました。
地元なのにまだ訪問していない場所です。

とても参考になりました。
近いうちに訪問してみます。

突然のコメント、失礼しました。
2015.09.17 14:19 | URL | やんま #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://applesoda777.blog.fc2.com/tb.php/135-b2e36b66

プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。