神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊後森機関庫

Posted by 秋空りんご on 02.2013 大分   16 comments   0 trackback
Tag :廃墟 産業遺産 大分県 豊後森機関庫 機関庫 文化財 近代化産業遺産 トーマス
りんごですどうも♪ご無沙汰しております(゜ω゜;

いや~、前記事の「あけました」からもう1ヶ月近くたってしまってます・・・。
時の流れが早い。

そんな中、ブログ村ではいつも上位をキープできていることはそれだけ皆さんが
ポチを押して下さっているということで、本当に感謝です。
いつもブログ村や拍手のポチをしてくださる皆さん、コメントを下さる方々、ありがとうございます!!
ほんと励まされます。

今日は何を更新しようかなーと迷い、コレに決めました!

じゃじゃん♪


P1020409 (1)

ぶんごもりきかんこぉ~~☆

P1020408 (1)

文句なしの美しさ。蔦がまた素晴らしい!

P1020412.jpg

実はかなり地元にプッシュされている廃墟。
ここでお祭りみたいなものをしていた写真もどこかで見た気がする。
もうこれを地元ではどんどんアピールしていこうという作戦があるみたいね。

P1020417.jpg

P1020433.jpg

ここは分かりやすく説明するとトーマス君のお家です。
今じゃ相当荒れた家だけど、昔は機関車たちが休んでいた場所だったのです。
機関車トーマスが21台入ると覚えておけばだいたいOKだと思います。

1970年に廃墟化したものの、現在は近代化産業遺産と登録有形文化財に認定されている、守られし廃墟。

P1020413.jpg

つまり今では廃墟ではなくて産業遺産的な建築物である。

P1020415.jpg

守られた瞬間から廃墟は廃墟でなくなる。

廃墟が人に守ってもらうことで解体を逃れて欲しいと願う反面、
人の関心や意識からかけ離れたところにポツンと存在する純粋な廃墟と呼べる存在を求める私としては、
同質の見た目でありながら対を成す廃墟と産業遺産の大きな違いに複雑な気持ちだ。

P1020427 (1)

P1020419.jpg

廃墟は人の想いから切り離されてこそ廃墟としての頭角を現す・・・と私は思う。

大げさに言えば「絶望感」である。

P1020430.jpg

背負った絶望感によって、廃墟は通常では見ることの出来ない、美しさの向こう側を見せてくる。

そこで出会うのは、不定形な現象と、生と死のリアルだ。

P1020425.jpg

P1020411.jpg

大きな痛みが小さな痛みを忘れさせる事があるように、毒を制するのは毒だったりする。
廃墟とはもしかするとそれに似たものなのかもしれない。

希望の持つ力だけでは解放されない、そんな無情の中で、
廃墟は何もかもただありのままだ。

不安や孤独も、全ての事象を抱擁するような寛大さは圧倒的に自然で、絶望的で、故に人を根本から癒す。

P1020424 (1)

廃墟にそういうものを求める私としては、廃墟は純粋な廃墟であってほしいと願う気持ちがある。

P1020418.jpg

P1020434.jpg

でも一方で、やはり守られて欲しいとも願う。

P1020407 (1)

後のことはこちらに丸投げってことで→豊後森機関庫(ウィキぺディア)

おまけは・・・

P1020406.jpg

線路!

P1020404 (1)

建物の裏!


廃墟ブログランキング(いつも押して下さる方々、ありがとー!)
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

いつもながら素敵なお写真!
ここは「いつか行ってみたい場所」の一つです。
廃墟は廃墟であって欲しい、同感です。
間違っても割れた窓ガラスとかを新品に替えないでほしいですw
2013.02.02 08:38 | URL | FCくまお #- [edit]
豊後森機関庫イイネ!
1度だけ訪れたことがありますが、
天気があまり良くなく…でした。

廃墟ですが…
鉱山廃墟には
道も崩れてしまって
誰も来られなくなった
場所がいくつもあるカト。
行こうとして途中で断念したところが
東北だけで3つぐらいありマス…。
2013.02.02 10:40 | URL | カト #- [edit]
りんごさんって、文章に表すのも上手ですね。
思わず、納得。
2013.02.02 15:36 | URL | /// #- [edit]
>くまおさん

お久しぶりです~♪
ミクシィ最近やってないからなかなかお会い出来てないですね(;;)
コメントありがとうございます!

写真は、私の腕ではなくて全て被写体の魅力のおかげです^^*

ここはガラスが新品に変えられる前に行くことをオススメしますw
ありえますからね~。
2013.02.02 17:36 | URL | 秋空りんご #- [edit]
>カトさん

カトさんもここに行ったことあるんですか!?
けっこう遠征されてるんですね!

カトさんの東北鉱山探検は奥深いですよね。
確かに行き着けなかったりすることもありましたもんね。

そんな中で行き着けた廃墟たちの紹介、楽しみにしています。

廃墟は我々廃墟マニアを待っていると思います^^*
2013.02.02 17:41 | URL | 秋空りんご #- [edit]
>///さん

ありがとうございます。
文章を褒めていただけるのはすごくうれしいです
テレ(つω・*)

これからもマターリしながら真面目ありつつ、おふざけありつつ、
アスロンありつつのりんごの廃墟旅をよろしくお願いしまっす!
2013.02.02 17:49 | URL | 秋空りんご #- [edit]
扇形車庫の中でも豊後森は格別ですね!
自然にできた窓のモザイク模様が文句なしに美しい(*´ω`*)
守られるのはよい事ですが、ここはやはりあるがまま、孤高の存在であってもほしいです。
2013.02.03 21:44 | URL | イモ子 #- [edit]
豊後森機関庫、きれいなところですね。

安全に管理されて、遺産として残すのも、ありなんでしょうね。

でも、管理された廃墟は廃墟じゃないというのもわかります。が

私はヘタレ廃墟マニアなので、観光地化された廃墟に行くことが多いです。

今年、こちらでは「瀬戸内芸術祭」というのがあるのですが、

屋島ケーブル山上駅も作品展示の舞台になるみたいです。

http://www.shikoku-np.co.jp/feature/art_festival/story/24/

沢山の人が来るんだろうなあ。

なにか、秘密基地がばれたみたいで、イヤですね・・・
2013.02.04 21:15 | URL | #- [edit]
>イモ子ちゃん

そうですねー!美しさ抜群でした(・ω・)
設計され尽くしたような破壊されたガラスが素敵ですよね。

他にも誰にも知られてない美しい廃墟はあるんでしょうね。
全国に散らばる廃墟を探し出して、迷子の子供を保護するように、
精一杯守ってあげられたらいいんですけどね。

2013.02.06 16:16 | URL | 秋空りんご #- [edit]
>翔さん

私も管理された廃墟もとい産業遺産に行くこと多いですよ(^_-)
呼び名と廃墟の置かれた状況が変わるだけで、どちらも素敵です。
有名鉱山は観光地としても元々有名だったりしますね~。
足尾とかは昔から地元では有名でしたし(^_^)

屋島の廃墟はやっぱり人気があるんですね!
確かにかわいいですもんね(*⌒▽⌒*)
個人的にはアートの舞台にされるのはうれしいです。
廃墟が人気になるのは、廃墟の宿命とは逆行しますが、
棄てられし廃墟の価値を新たに見いだされる活動は、
実は私がブログをしてる意味でもあるんです。

ボロボロの廃墟を最後、光の当たる場所に出してあげたいなと。

でもやっぱり廃墟は廃墟であってほしいんですよね(^^;)
誰の手にも目にも触れさせたくない気持ちもあったりして・・・。
難しいですね(^-^;
2013.02.06 16:43 | URL | 秋空りんご #- [edit]
はじめまして。ブログランキングから来ました!
この廃墟というカテゴリーがすごく面白いなと思う中で、
りんごさんのブログは、明るすぎず暗すぎず、緑の入り方が
良いですね!
写真も上手で
吸い込まれるように読ませて頂きました!

僕も廃墟にハマリかけ初心者です。
廃墟の入り方など、またご教授くださいm(_ _)m

僕は廃墟って、役目を終えても、物質としての役目を終えずに
存在していることそのものに、なんか男気すら感じますw

たまにまた寄らせて頂きます!
2013.02.09 20:15 | URL | ナカジマ #SFo5/nok [edit]
>ナカジマさん

はじめまして~o(^-^)o
コメントありがとうございます(●^o^●)

廃墟の佇まいは独特の気迫がありますよね。
男気わかります!
私なんか廃墟見ると「カッコイイー!」って思います。
たまにカワイイ系もいます(笑)

私のブログは明るさと暗さ、本人や愛犬も出てくる変則的なブログですが
これからも良かったらごひいきにしてください♪
2013.02.10 16:05 | URL | 秋空りんご #- [edit]
りんごさんお久しぶりです。

相変わらず美しい写真を・・・
やっぱり感動しますね廃墟を見ると
そしてりんごさんの言葉(^_^)
いいですね〜
このブログ見てると
まだまだ僕は子供です。って気になっちゃいます(笑)
それではまたm(_ _)m
2013.02.11 01:31 | URL | LOVINはHK #- [edit]
>LOVINはHKさん

お久しぶりです♪

写真にはあまり自信がないんですよ^^;
普通のコンデジで撮影しているだけなので、
美しいとするとそれは全て被写体のおかげです(^^*

言葉は、何も考えず書くこともあるし、
自分の思いを伝えたいと思って書く時は、考えながら少しずつ言葉を紡ぎます。

更新は遅れがちですが、これからもよろしくお願いします(^∀^v
2013.02.11 02:17 | URL | 秋空りんご #- [edit]
自分も文章表現に惹かれます。
パラドックス的要素を内包しているからこそ存在が確立されるんでしょうかね。
人間もまた然り。・・だから建築物もそうなのか!?(笑

話は逸れますが、ウォールアートの類って面白いですね。
作者が分かっている場合に関して言えば(大山エンリコイサム氏など)、作品それ自体がというより、彼ら製作者の意図が。
前々から友人とも話してたんですが、ここのアーカイブを見ている時にふと思いまして。

最後に、りんごさん本は好きですか?
漫画ですがプラネテスなど読んでみてはいかがでしょうか。
いろいろ考えさせられますよ。
社会学系でもなんでも、面白い本があったら教えてください!

ビビリ学生からでした。
2013.02.13 17:14 | URL | G大使 #- [edit]
>G大使さん

私の文章惹かれますか?ありがとうございます(*^^*)

パラドックスはどんな環境下でも内在的に秘めているものですよね。
廃墟はそれを体現しているようにも思われますし、
廃墟に対する個人的な感情にもやはりそれがあるのですよね。

ウォールアートはおもしろいですね。
実はあまりよくわからないですが…(笑)
私もアートは大好きなので、自分でもそういうものに携わって
作ってみたい気持ちがあります。

本ですが、大好きでよく読んでいます。
ビジネス書、小説、自己啓発本、詩集などをよく読んでました。
プラネテス今度読んでみますね。
お勧めは、清水敬也「夢をかなえるゾウ」です。
すごく面白かったし、ためになりました^^*
小説としても自己啓発本としても星5つです。
自己啓発だけの本ならナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」とかオススメです。
どちらも若いうちに読んでおくといい本です。





2013.02.15 16:44 | URL | 秋空りんご #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://applesoda777.blog.fc2.com/tb.php/119-d6312a3e

プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。