神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前久保医院

Posted by 秋空りんご on 05.2014 埼玉   4 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃医院
今回の物件はM医院と呼ばれ、埼玉に存在した廃医院。正式名称は前久保医院。
先日(といってもけっこう前に)解体されてしまい今はもう無いので、正式名称を出しました。
秩父の山奥へ向かう途中にその廃墟はありました。

物件の周りには家が建っているので、夫に「早く中に入れ┐( ̄ヘ ̄)┌ 」と
せかされていた私は、外観写真を撮り忘れた・・・orz
夫は結婚してからというものの廃墟探索に反対するので、私はびくびくしているのですヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

PC090003.jpg
玄関のドアは鍵もかかっていなくてすんなり開きました。

PC090004.jpg
待合室の窓。
暗いように見えますがそんなに暗くはないです。
私の撮影の腕がないだけ(´・ω・`)

PC090006.jpg
暗いけど雰囲気わかりますか?

PC090025.jpg
廃医院で人気なのはこういう残留物なのかな?

PC090024 (1)
どこの廃墟でも、私自身は残留物より建築物と雰囲気に焦点をあてて主に撮影しています。
しかも改めて見ると私はどうやら窓とドアがかなり好きらしい。
そこだけ撮影枚数が飛びぬけてる(´-ω-`;)ゞ

PC090023.jpg
でもやっぱり病院らしい残留物はドキドキ♪

PC090028.jpg

PC090009.jpg
薬品棚には薬瓶もちらほら残っています。

PC090011.jpg
そうそう、こういう雰囲気が良い。

廃墟の、儚げで崩れかけの様子。

PC090013.jpg
でもその儚げなせいで、前久保医院は危険とみなされ解体されてしまったようです。

PC090019 (1)

PC090017.jpg
中庭みたいな場所。

PC090030.jpg

PC090029.jpg

PC090033.jpg
2階へ。

荒らされてもいないしいい感じ。

PC090035.jpg
窓枠とか木製だし、とってもお洒落。

PC090034.jpg
予想以上に、入ってみたら結構お洒落な物件だった。

PC090036.jpg
この先には行くなと夫に止められました。
床がもろい感じだったから危ないということみたい。
うー、行きたかったなぁ...(((;´ω`)

DSC04754.jpg
しっかし夫、全然楽しそうじゃない。

DSC04749.jpg
全く・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ 少しは楽しんでおくれよ。

DSC04753.jpg
と、言いたくても言えないで、夫の顔色を伺って愛想笑いをしている私・・・ヾ(;´▽`A``アセアセ

DSC04757.jpg
ひととおり撮影したのですが、このあたりで突然SDカードが機能しなくなりました。
病院でそういうアクシデントは怖いよーー。
幽霊さんいたのかな?もし起こしてしまったのならスミマセン・・・。

DSC04755.jpg

DSC04756 (1)

PC090022.jpg
ここは解体されちゃったんだけど、まだこんな廃墟がどこかに眠っているはず。

そんな場所を探し当てて、いつかまたマッタリ廃墟探索したいなぁ。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

最近は主に育児が忙しくて更新する時間が全くないんだけど、
たまには更新しますので今後もよろしくお願いします。目標は月1更新^^;
スポンサーサイト

プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。