神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のうが高原ホテル(3)

Posted by 秋空りんご on 28.2012 広島   20 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃ホテル ホラーゲーム ゾンビ 要塞 お風呂 螺旋階段 エレベーター 地下 瓦礫
今日は主にホテル棟のご案内です。

その前にあの巨石風呂以外にもお風呂はあるのでその写真を。

P1050275.jpg

P1050279.jpg

P1050243.jpg

↑んー、何の場所か忘れた。お風呂関係ではあったと思うんだけど・・・。

P1050281.jpg

ここだけは瓦礫が整理されていた。サイド部分はエスカレーターだった場所みたい。

P1050113.jpg

さぁ、どっちに進む?巨大廃ホテルではこういうのが楽しい。
人生もこんな感じだよね。できるだけ光を求めて歩く。

P1050115.jpg

P1050119.jpg

ゲームセンターだった場所。ひろーい。

P1050257.jpg

ボイラー室には小さな機能美が詰まっている。

P1050253.jpg

P1050282.jpg

ホテル棟の部屋はたいして面白くなかったため、ほとんど撮影してない。

P1050283.jpg

こんな感じでほとんどがつまらない^^;

P1050287.jpg

ファンタ派です。

P1050326.jpg

P1050298.jpg

地上を見下ろす要塞。

P1050327.jpg

ホテル棟で一番のお気に入りとなった螺旋階段。ホテル棟ではこればかり写真に撮っていた。

P1050286.jpg

P1050290.jpg

P1050316.jpg

P1050294.jpg

ゲーマーなので、「ここでゾンビが出てきたらどう戦うべきかな?」などと楽しい想像をしてみる。

本当に出てきたら全力で逃げるしかない。

P1050332.jpg

エレベーターのボタンをふと見る。

「B1」~「B5」行き。

気持ちいいくらい全部地下。

地下にしか連れて行ってくれない後ろ向きなエレベーター。
なんか非現実っぽくてイイ。

そしてあたしがこれに乗り込んで行き着く先は、あるはずのない「B6」だったりしたら最高。


そんなホラーゲームの世界観が大好きな冒険者の心を満たすのうが高原ホテルなのです。



(4)に続く。



ランキング参加中。よかったら押していってくださいませ^^*
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

のうが高原ホテル(2)

Posted by 秋空りんご on 23.2012 広島   26 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃ホテル お風呂 遺跡 巨石 冒険 落下 のうが高原ホテル 戦場 天空の要塞

今回は天空の要塞・のうが高原ホテルのお風呂です。

ビバノンノ♪


P1050121.jpg


緑の絨毯の階段。















お風呂にとうちゃ・・・く・・・。

P1050126.jpg



(゚∀゚; )!!?




な・・・




P1050132.jpg


なんじゃこりゃーーーーーーーー!!?



P1050148.jpg


この時初めて廃墟で大爆笑してしまった。

アハハハハハ。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。



P1050203.jpg


凄いとは聞いてはいたけど

これほどとは・・・!!ww

写真で伝えきれないのがもどかしい。


P1050212.jpg


感動の仕方がもう笑うしかなくなる。゚・。・(●ノ∀`●)σ・。・゚ イーッヒッヒッヒ


P1050210.jpg


このお風呂、・・・想像をはるかに超えてきた。


P1050165.jpg


この岩の周り小さな柵に囲まれてますが、下、崖状態です。
(*_ _)ノ彡☆バンバン!!


P1050127.jpg


高い~~(汗)

お風呂で万が一足滑らせて岩の下に落ちたらアウト。

超デンジャラス。

命がけで入浴。


P1050185.jpg


そして外に向かっても今ではこんなデンジャラスです。


P1050140.jpg

PA290773.jpg


そういえば小学生のとき自作漫画「デンジャラスゾーン」というのを描いていた。

デンジャラスな場所をデンジャラスな女の子が冒険する漫画だ。


PA290799.jpg


時空を越えて自分で実写化しちゃいました。


PA290802.jpg


何でホテル内でこんなことに・・・。


PA290765.jpg

P1050141.jpg


ここ戦場?


P1050200.jpg


爆弾でも投下されたとしか思えない砕け方。


P1050181.jpg

P1050178.jpg


このホテル復活するっていう話を聞いたことあるけど・・・、これほんとに出来るの^^;?


P1050193.jpg


もし復活したら絶対に来たい。そしてこのお風呂に命がけで入りたい(*´Д`;)ハア~ビバノンノ


PA290764.jpg


すごい充実感でした。


次行ってみよーーーー!!


ホテル棟へつづく。



ランキング参加中♪よかったら押して下さいね(^^*
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村





のうが高原ホテル(1)

Posted by 秋空りんご on 20.2012 広島   24 comments   0 trackback
Tag :のうが高原ホテル 廃墟 廃ホテル ピカソ キュビスム 山登り 瓦礫 遺跡 ブラック お風呂

去年の秋、私は広島のある山の上に建つ巨大廃墟に行く計画を立てた。

当日、前夜に飲んだ強力な睡眠薬の効果が朝にも残ってしまい、壁にぶつかったり嘔吐したりしていた。

不運は続くもの。さらに天候は曇り空から雨に変わっていった。

しかしどうしてもその廃墟に行きたかった私は、
フラフラしながらもそんな中でなんとか山を登り、物件に到着することができた。

P1050386.jpg

裏口から入ることにした。

CIMG2727.jpg

CIMG2729.jpg


どこもかしこも歪んでいる。

暗くてひどく湿っていた。


P1050043.jpg

P1050042.jpg


横の壁沿いにいた虫たちが、逃げるようにザワザワと上に登っていった。


P1050048.jpg


フロント。


P1050052.jpg


ホテルがどれほど枯れ果てようと、咲き続ける花たち。


P1050106.jpg


その向かい側には、美しい花を照らす偽物の太陽。


P1050365.jpg


地図を確認。

ここはお風呂がとにかく巨大なことで有名だ。


P1050084.jpg

P1050054.jpg


すごい荒れよう。


P1050068.jpg


その昔、ピカソとブラックは、あらゆる角度から見たものを再編集し統合する
美術表現や思考、「キュビスム」を生み出した。


P1050063.jpg


それは彼等のフィルターを通すことで見ることが出来る、
固定観念を脱却した夢のような世界だった。


キャンバスの中で芸術家は神となり、一点透視法は無視された。


P1050060.jpg


廃墟は時にそうした芸術家の追随者になっていく。


P1050072.jpg

P1050093.jpg

P1050075.jpg

P1050078.jpg


これほど荒廃された空間にいれば、自分の荒みゆく気持ちなどちっぽけに思える不思議。


P1050069.jpg

P1050096.jpg


非常口さえ非常事態だよ。


P10500888_20120220045753.jpg


次はお風呂です。



ブログランキング参加中です。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村


バレンタイン企画☆お菓子の廃墟

Posted by 秋空りんご on 14.2012 バレンタイン企画「お菓子の廃墟」   26 comments   0 trackback
Tag :チョコ お菓子のお家 バレンタイン 手作り 2月14日 廃墟 廃屋 手作りチョコ バレンタインデー 手作り廃墟
今日は日ごろからブログを見て下さっている皆さんへの
あたしからの手作りバレンタイン企画です!



♪お菓子の廃墟物語♪



はじまりはじまり~

DSC02640.jpg

「これは僕のお家。ローンを組んで買ったんだ!」



DSC02640_20120214050506.jpg


しかし・・・この家では不可解な現象が次々と起き、ついにトラ太さんは住んでいられなくなりました。














それから20年・・・。














































DSC02683.jpg

航空写真を見ていた廃墟マニアはなにやら怪しげな建物を発見する。

謎の廃墟マニアA「これ・・・怪しくない?」

謎の廃墟マニアB「あ・・・怪しい!廃墟かな?」

A「今度行ってみない?」

B「次の日曜日に調査に行こう!」



























<日曜日>






DSC02675.jpg

廃墟マニアA「おお!廃墟だ!」

廃墟マニアB「廃墟、廃墟!朽ち方がイイね!」

DSC02679.jpg

うさみ「ごめん、クマ吉くん、記念撮影お願い」

クマ吉「りょーかい」

DSC02662.jpg

クマ吉「極上物件なり~♪」

うさみ「やったねー!」

DSC02666.jpg

クマ吉「探索だっ!」

うさみ「残留物あるかなー?」

クマ吉「昭和のエッチ本発見!」

うさみ「持って帰っちゃダメだよw」


DSC02684.jpg

DSC02688.jpg

そして1時間後・・・

DSC02665.jpg

うさみ「ふー・・・ここはさいこ・・・うっ!!?管理人だ!!隠れろ!」

DSC02668.jpg

「・・・・」

「・・・・」

「・・・・」

「・・・・」

ライオン「・・・・あの・・・」

うさみ&クマ吉「(気付かれた!)」

ライオン「・・・・私、同業です・・・」

うさみ&クマ吉「・・・・ほっ(汗)」











DSC02690.jpg

さらなる月日と供に家はどんどん風化していく・・・。


DSC02697.jpg

「あーあ、こんなんになっちゃってたか・・・」

DSC02708.jpg

「もう一度家建て直したいけど解体はお金かかるしなぁ・・・」

DSC02718.jpg

クマ吉「久々に来たけどさらに朽ちてかっこよくなってるね」

うさみ「うん、廃屋の中でもここは格別だよ」

ライ男「素敵です」






は・・・


全員「ん!!!?」


は・・・・




は・・・





トラ太「はーーーーーーくしょんーーー!!!!!」



ばたーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!





「!!!!!?」




DSC02719.jpg


「・・・・・・・」


DSC02723.jpg



トラ太「あああああああ」




うさみ「あの・・・大丈夫・・・ですか?」






トラ太「よーし!これでもう一度家を建て直せるぞー!」






・・・こうしてまたひとつの廃墟が消えた。


しかし廃屋・Tの家は、廃墟界の歴史に名を残す廃墟となったのである。




その後、トラ太君から、うさみ達の元へ手紙が届いた。




「みなさんお元気ですか?トラ太です。

僕はあの後更地になった土地に、再び新しいお家を建てました。

今度は以前のような怪奇現象も起きず、のんびりと楽しく暮らせています。

今の家は廃墟ではないですが、いつか新しいお家のほうにも廃墟マニアのみなさん遊びに来てくださいね。」


そして伝説の廃墟がなくなったその後も廃墟マニア達は頻繁にここへ足を運び、
トラ太君の新しいお家は、たくさんの人が集まるにぎやかな場所になりましたとさ。


☆めでたしめでたし☆



※撮影終了後、廃墟の家と動物たちは、りんごが1人でおいしくいただきました。



ランキング参加中です(^^*
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村








ゴーストタウンで見つけた残留物

Posted by 秋空りんご on 10.2012 神奈川   13 comments   0 trackback
Tag :ゴーストタウン 残留物 ポスター タバコ ツッパリ 廃墟 廃屋 ウルトラマン ロボット 野球
残留物にはあまり興味が無い私としては珍しい企画。

ゴーストタウン内で見つけた色々なものです。

内容が内容なので別企画として出しました。
写真サイズも大きく見せるほどのものじゃないので小さいです^^;

どーぞ(^O^)/

DSC02405.jpg

子供がいたのでしょうか。赤いロボ君がいます。

DSC02412.jpg

ウルトラマンも少年は必ず通る道です。

DSC02411.jpg

野球のボードゲーム。

ちなみにいつも廃墟に一緒に行っているショーグンは、
野球部の「2軍キャプテン」というポジションだったそうです。

「2軍キャンプテンなんだからしっかりしろ!」と言われていたそうです(^∀^;w


DSC02423.jpg

でもある日ショーグンは変わってしまうのです。

ツッパリ始めてしまうのです。

DSC02418.jpg

そしてついにはこれですよ。

「俺の赤。」


DSC02416.jpg

こんなオシャレなヒゲはやしてみたりもして。


DSC02417.jpg


うん、渋い。

こんな大人になることを夢見ていた少年・・・。
































でも・・・









DSC02425.jpg


こんな風にはなっちゃダメだよ(●´艸`)










┌(`Д´)ノ コラーーリンゴ!!






Σ(゚∀゚;)!!あ、ショーグンだ!!


ε=ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノさらば!!


※野球の話はホントですがそれ以外は全てネタ・フィクションです^^;
ショーグンは「ミニにタコ」とか言わないですwすいません。残留物は全て本物の残留物です。

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村


丸山変電所(セルフポートレートあり)

Posted by 秋空りんご on 08.2012 群馬   22 comments   0 trackback
Tag :丸山変電所 重要文化財 廃墟 廃線 碓氷峠 信州本線 煉瓦造り 発電所 横川 軽井沢

こんにちは。りんごです。

本日、廃ダイナミックレンジの山下さんが私のリクエストに答えてポートレートを出してくださったので、
お礼として、今回私も以前撮影したセルフポートレートを公開したいと思います。
(顔には薄くモザイクかけてありますがお許しを^^;)


私の初のセルフポートレート撮影地となった場所がここ、丸山変電所跡。

かつてはいい感じで朽ちた廃墟だったのに、今は重要文化財として美しく生まれ変わっています。
詳細は安中市のホームページに詳しく書いてありますのでそちらをどうぞ。 □⊂(゚ー゚* )


DSC01396.jpg

DSC01398.jpg

DSC01397.jpg

レンガだから味はあるけど、やっぱ廃墟とは別物って感じ。


しかしこの日ハイテンションだった私は、試しにセルフポートレートを撮ることにした。


まず場所のチョイス。あと肝心なことに三脚が無い。

だが運よく対になった塀みたいなものがあったので、
片方の塀にカメラを置き、もう片方の塀の上でポーズを決めるという構図に挑戦することにした。

一人探索中のセルフポートレートなので、まず塀の上にカメラを置き、タイマーをセットする。

でもね、タイマー10秒しかもたない。

急いで向かい側の塀の上に登り、ポーズを決める。

その間わずか10秒。


できるのか!?


さて、1枚目。


































パシャ!


DSC01432.jpg


登る途中で10秒経過。シャッターが切れた。残念!!

次こそは!

一度塀を降りて向かいの塀にまたセットしに向かう。

タイマーセット。急いでまた元の塀にダッシュ。登る!







































パシャ!


DSC01433_20120208194834.jpg


成功!(*゚∀゚)=3

でも・・・なんか・・・違くね・・・?

ポートレートってこんなんじゃないよね?

ここの上登るの大変だよー・・・。

写真では平静を装ってますが実はかなり息切れてます。

正直10秒じゃこれが限界。これ以上なにかポーズとる余裕なし。


3枚目!








































パシャ!



DSC01431_20120208194833.jpg


登るの諦めてせめてものポージング。

あー、しらじらしい。ダメだコリャ( ̄□ ̄;)

セルフポートレートで塀の上とか難易度高すぎたか。

また機会があればセルフポートレートやってみたいと思いますw




こんなポートレートを見せられて、皆さんも脱力してると思いますので
後半は、文化財となった美しい丸山変電所の写真をご覧下さい。


DSC01405.jpg

DSC01401_20120208181706.jpg

DSC01400.jpg

DSC01402.jpg

DSC01430.jpg

後ろの方にだけ一箇所廃墟な部分が残っている。

DSC01406.jpg

DSC01410.jpg

DSC01411.jpg

DSC01421.jpg

DSC01412.jpg

DSC01413.jpg

DSC01425.jpg

写真、前回のサイズとどちらがよかったですか・・・?

あまり写真が多いと大きめサイズだとアレかなと思って小さめサイズのアップにしていますが
前回、大きいサイズで出した際、いつもより写真が好評だったのが気になります^^;
それとも写真うんぬんじゃなく廃校人気の影響?w
でも写真は大きいほうがいいのかしら・・・?


それではまた♪


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村


O中学校

Posted by 秋空りんご on 07.2012 群馬   20 comments   0 trackback
Tag :群馬 中学校 廃校 廃墟 集落 木造 木造校舎 山間 一人旅 腐海の森
今日は学生時代の思い出話をひとつ。

高校時代に、若くてイケメンの先生がいた。
その先生の授業は女子生徒から大人気で、先生の授業のときはいつも女子生徒達がほんわかしていた。

授業中女子達がほんわかしている中、私は愛犬のことが気になり、こっそり教室を抜け出して家に電話をかけにいった。

しかしイケメン先生はそれに気付きながらもなんら指摘せず見逃してくれる、精神的なイケメン教師でもあった。


だがある日、先生が自分のことを話す時、突然


「あたしゃねぇ・・・」


と志村ばりの発音をした。

女子たちが凍りついた。

それからというものの女子生徒たちの熱い視線を受けることもなくなってしまったイケメン教師だが、
代わりに私のツボとなり、とても気になる存在になったとかならなかったとか。


なぜそんなことを思い出したかというと
支店タカハシのおちもんさんの記事がきっかけです。(2月3日「何だチミは?の巻。」にて。)
気になった方はおちもんさんの記事を読んでみてね☆

おちもんさんは私と同じく群馬県民でして最近お知り合いになった廃墟スキーさんです。


さて今日はそんな群馬県の廃校をどうぞ!

P1030199.jpg

虫だらけの腐海の森、いや、不快な森を潜り抜けて行った。

P1030200.jpg

この時、真夏で虫だらけすぎて、羽虫が蜘蛛の巣にかかって、蜘蛛に捕らえられる瞬間までも全部見た。

表も裏も草と虫をかき分けながら入れる場所を探し回った。

とにかく1人で頑張った。

P1030201.jpg

結論言うと入れませんでした。

P1030202.jpg

ドアとかゆがんでて開かないんです。

どうしたらいいんでしょう?未だにワカリマセン。一人なので力技でも入れなかったし。

P1030204.jpg

こんな頑張ったのに・・・。
向かいのもうひとつの若干新しめの廃校もあったんでそちらに行ったら
そちらは転用されて資料館になってたので、そこの管理人さんと仲良くなる作戦を取ることにしました。

あたしは結構愛想がいいのですぐ気に入られます。

そしてもう景気よく「隣の校舎、開かないんですか?」と聞いたら、「古いからねー」と言われ、
管理人さんに「私ピンときました!あなた(廃校に興味があるということは)教師ですね?」と言われました。

「・・・・違います。」


ただ廃墟マニアであることは隠しつつ、仲良くなりました。最後にはここら近辺の不動産まで紹介されました。
『ここらの不動産より隣の不動産をなんとかして!』と言いそうになるのをこらえつつ、
どうにもならなそうなので帰る事にしました。


ということで今回は写真があまりなくてさらに入れなかったという場所ですが
たまにはこういうこともありますw

今日は写真が少なかったので大きめサイズで出しました。
いつものサイズとどちらがいいでしょうか?

ここは再訪してもう一度挑戦したい物件です。

P1030203.jpg

P1030196.jpg

ちなみに行く途中ここで道を尋ねました。地図までくれました。なんだかいい旅夢気分(´∀`*)

素敵な集落でした。

ではまた次回(゚ー゚* )


ブログ村用のバナー作ってみました♪
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村




さよなら九段下ビル(後編)

Posted by 秋空りんご on 03.2012 東京   12 comments   0 trackback
Tag :九段下ビル 雑居ビル 廃墟 解体 消滅 アトリエ 展示会 大西信之 さよなら九段下ビル 靖国神社


私が訪れたとき、
九段下ビルの「消滅」をテーマにした「さよなら九段下ビル」という最後のアトリエ展がやっていた。


DSC01718.jpg


DSC01742.jpg


DSC01745.jpg


このビル最後の住人であり、画家の大西さんが、室内にいらっしゃり、
展示品を見る私の横で、それにどんな意味があるのか教えて下さった。


DSC01707.jpg


私はこれが気に入った。


DSC01708.jpg


足跡をつけてもいずれその足跡は消されていくというもの。

上の足は母の足。


DSC01709.jpg


機械式で箒が回り、砂についた足跡を消していく仕組みだ。

やはり「消滅」がテーマ。

私は廃墟用のブーツを履いていた。

ゴツゴツした深い足跡がついた。

そしたら普通1周で消される足跡が、3~4周くらいかかった。

しぶといあたしの足跡に、私と大西さん、周りのお客さんたちも笑った。


DSC01705.jpg


これはクッキーで出来た街。来客者が少しずつ食べていいもの。

お客さんが少しずつ食べることでこの作品は完成する。

こうして街が消されていくということを表現しているからだ。

もうほとんど無くなっていた。

私が食べるのを躊躇していると、大西さんが「大丈夫ですよ。」と先に食べてくれた。

大西さんは優しい紳士の画家さんだった。九段下ビルがとても似合う。


DSC01702.jpg

DSC01757.jpg


来てよかった。


DSC01749.jpg

DSC01747.jpg


このビルを愛する人たちとお話して、その想いに触れて、いつの間にか私も同じ気持ちでこのビルを見ていた。

今日来たばかりなのに、なんだか昔から知っていたような。

そんな気持ちになっていた。


DSC01771.jpg


九段下ビルが消えていく痛みがもう他人事じゃなくなっていた。


DSC01754.jpg


このビルは関東大震災で被災した近隣の商店主達が共同出資して組合を作り、1927年に建てられたものらしい。
(参考Wikipedia

そしてその後、ビルは東京のシンボル的存在となって生き、この街を見続けた。


DSC01725.jpg


その長い間、このビルはどれだけの人を支え、受け入れてきたのだろう。

騒がしい東京の街の雑居ビルとしてボロボロになりながらも長い間頑張ったんだね。


DSC01738.jpg

DSC01750.jpg


お疲れ様。


DSC01792.jpg


ありがとう。九段下ビル。


DSC01786.jpg


安らかに。


DSC01695.jpg

DSC01811.jpg


自動販売機でコーンスープを買って飲みながら九段下ビルの後ろ姿を見ていた。






DSC01814.jpg


このあと、すぐ近くの靖国神社へお参りもしてきた。


・・・・・・クリスマスなのに神社でお参り・・・・・・(笑)


今回少しだけ登場しましたが、実は九段下へは母と一緒に行きました。

そして帰り、母が靖国神社で廃墟探索の安全のためのお守りを買ってくれました。

色々と口うるさいけど、いつも私を心配して助けてくれる母。

ありがとうお母さん。



DSC017232.jpg




それではまた次回


にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

さよなら九段下ビル(前編)

Posted by 秋空りんご on 01.2012 東京   16 comments   0 trackback
Tag :九段下 雑居ビル 廃墟 東京 解体 アトリエ さよなら九段下ビル 消滅 展示会 大西信之


「九段下がそろそろヤバイ。」



去年の暮れ、周りの廃墟スキーさん達がざわめいていた。


何のことか分からなかったが、聞いているとどうやら
「九段下にあるイイ感じの現役雑居ビルが解体される危機」であるということが分かった。

現役雑居ビル?
廃墟じゃないなら興味ないや・・・。
と思っていたのだけど、

「いや、これだけ騒がれてるのだからとりあえず行ってみよう!」と思い直し、
クリスマスに急遽九段下へ向かった。



途中道に迷い、靖国通りの派出所に入ったらなぜかお巡りさんの大歓迎を受けて、
「その歴史ある九段下ビルというはわからないが、ここらへんの歴史はなんたらかんたら~」と
時間が無いのにお巡りさんの歴史の授業を受けるという・・・、
違う意味でお巡りさんに捕まるというまさかの事態が起こった


タイ━━━||Φ|(|´|゚|ω|゚|`)|Φ||━━━ホ!!!


しかしなぜここらの歴史に詳しいのに九段下ビルはわからないのだろうという疑問を残しつつも
お巡りさんの歴史の授業がおわり、
「逆方向に向かえばあるんじゃない?」という話になったので、来た方向と逆方向へ向かった



そして見つけた!(おまわりさんありがとう☆)

DSC01797.jpg

これが九段下ビル。

ん・・・まぁ確かにいい感じではあるけど・・・やっぱりただの古い雑居ビルじゃないの?という疑惑がまだ残る。

DSC01782.jpg

注目度は高い。街ゆく人はみんな見ていく。

DSC01779.jpg

これが噂の九段下ビルか・・・。

廃墟とまではいかないが、なるほど…なかなかのオーラを出している。

だがしかし!!果たして廃墟マニアのあたしを満足させることは出来るのかな!?(何様だ)

DSC01781.jpg

あたしはそんなに甘くない!

ちょっと古いビルでしたなんてオチじゃないでしょうな?

さぁ、しかとその実力みせてもらおうか!(だから何様だ)ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )






DSC01761.jpg


Σ(゚д゚;)…えっ!!

・・・これは!!

DSC01768.jpg

や・・・

DSC01770.jpg

やられました!

DSC01772.jpg

これは廃墟マニアもうなるわ!

DSC01698.jpg

まさか現役ビルがここまでの「廃感」を出してくるとは思わなんだ!

DSC01735.jpg

実は大人気ゆえ建物内はとても混んでいる。

DSC01740.jpg

すいません、甘くみてました。

DSC01758.jpg

この雑居ビル( ゜∀゜ )最高です!!

DSC01713.jpg

色々なものが全て存在感を持っている。

DSC01732.jpg

もう所々がオシャレ。廃&オシャレ!

DSC01752.jpg

噂は一人歩きしていなかった。

DSC01716.jpg

内部ではアトリエ展を開催しているため、センスのいい芸術品が所狭しと飾ってある。

DSC01717.jpg

えー・・・これは展示品?

DSC01710.jpg

これは展示品ですね。

DSC01712.jpg

かわいいですね~^^*

DSC01727.jpg

九段下ビルの最後の住人、画家の大西さん。

この時「さよなら九段下ビル」という九段下ビルの消滅をテーマにした最後の展示が行われていた。

大西さんもいらしたので色々とお話をした。→後編で詳しく書きます。

DSC01730.jpg

こういうテーブルをアンティークショップで買うと5万円くらいします。

DSC01728.jpg

クリスマスツリーがキレイ。


九段下アトリエブログ
http://kudanatelier.blog.fc2.com/


☆つづく☆


いつも押してくれてありがとわんImage0292.jpg 
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村







プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。