神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が見つけた廃幼稚園

Posted by 秋空りんご on 21.2015 群馬   8 comments   0 trackback
今月更新しようとしていた物件写真がなぜか入れたはずのPCに入ってなかったり、
他の廃墟写真が入ってるSDカードもなぜか見つからなかったりで今月更新どうしようかなと思っていたのですが、
今日廃墟を見つけたのでそちらを出したいと思います。

しかも見つけたのは娘w

今日、初めて子供3人連れて地元のとっても広い大きなお寺にお出かけしました。

そこで娘がなんだかいたく気になって入りたがっている場所がありました。

0098IMG_2336.jpg
「ぶらんーー(ママ、中にあるブランコ乗りたい)」

「ここは幼稚園だから中は入れないよー。」

0098IMG_2330.jpg
でも門から園内をのぞくとなんだかがらーんとしている。

ブランコもよく見ると取り外されている。

「・・・ここ廃墟っぽくない?」

0098IMG_2331.jpg
どうやら廃墟になっちゃった幼稚園みたい。

紅葉キレイ♪

※今回もiPhoneカメラ

0098IMG_2333.jpg
中には大きな樹があってとても存在感があり、ご神木っぽい雰囲気がありました。
iPhoneの写真では現場の雰囲気が伝えきれない・・・。

娘はどうしても中で遊びたいみたい^^;
ブランコはないけど色々な遊具がありました。

0098IMG_2332.jpg

0098IMG_2344.jpg
「もう行くよー」と言ってもなかなかグズリ動こうとしない娘。

うーん、、、

「責任者に中で遊ばせてくださいって言ってみようかな」という私に夫が

「それモンスターペアレントだぞ(笑)」と。

え・・・。そう?w

ということで個人的にまた調査に来てみようと思います( ̄∇ ̄*)

他にも出したい写真があるのですが、娘の顔をスタンプで隠したりしなくちゃ出せないものばかりで
その加工する時間がないので出せません^^;

でも少し落ち着いたらまた廃墟行きたいな(^-^)/
やっぱり廃墟見ると落ち着く。
スポンサーサイト

廃神社

Posted by 秋空りんご on 01.2015 群馬   18 comments   0 trackback
Tag :廃墟 神社
今回は山奥の廃神社です。
子供がいる私でも行きやすい場所をと(おそらく考えて)廃友さんが
場所を教えて下さいました。

0099PC052283.jpg

0099IMG_0181.jpg
拝殿は少し高い位置にあり見上げる形になるのだけど、コンクリートの囲いが今にものしかかってきそうだった。
訪れる者をひるませ、人の接近を拒むかのような分厚い壁。

0099IMG_0183.jpg
すごく急で登りにくい階段を登らないと上まで辿りつけない。
危ないし廃墟になったのも頷ける。

0099IMG_0184.jpg

0099IMG_0186.jpg
どうも神社の廃墟を見ていると、
神の聖域にも死の概念は及ぶものなのかとしみじみさせられる。

0099IMG_0187.jpg
重厚な扉が何枚もあった。
金庫のように頑丈そうで、やはり人の進入はもちろん接近すら許さないといった感じ。

0099IMG_0190.jpg

0099IMG_0192.jpg

0099IMG_0195 (1)


月の綺麗な夜が似合いそうな廃墟でした。




伊参スタジオ(廃校)

Posted by 秋空りんご on 15.2015 群馬   12 comments   0 trackback
地元群馬に廃校を撮影スタジオとして再活用している施設があります。
先日そこへ行って来ました。

0098IMG_1350.jpg
地元といっても私の実家からだいぶ離れた中之条町という山奥にあるので
子供連れにはなかなか遠く、ずいぶん前から行きたいと思いつつ行けてなかったんですが、
今年の5月に夫と娘を連れてやっと行って来ました^_^
けれど案の定、夫はブツブツ文句を言っていました。(夫は出掛けるとなぜか大概私に文句を言う。だけど私に一蹴されて終わります。)
今回は「俺は本当は吹割の滝にいきたかったんだ…ブツブツ…廃墟は好きだけど廃校は興味ないんだ…ブツブツ」と言っていました。(笑)

0098IMG_1352.jpg
ここに来た一番の目的は、
この廃校にある二宮金次郎像を見たかったからです。

0098IMG_1336.jpg
写真左に小さく映っているのがその二宮金次郎です。
もっと近づいてみます。

0098IMG_1335.jpg
これw
「ジェット二宮金次郎」
やっと見れたわ🎵満足満足(*^w^*)

0098IMG_1321.jpg
カメラを忘れたので今回は全てiPhoneカメラでの撮影。

0098IMG_1312.jpg
2階は立ち入り禁止でした。
ここは宿泊もできるので、宿泊時やイベント時、撮影時などに開放されるようですね。
宿泊は1人2000円。大きなお風呂や台所もあります。
ここら辺は廃校も多いし、
廃墟好きが集まってみんなでここに泊まって廃校や廃墟巡りをしながら
バーベキューをしたり花火したりするの楽しいかもしれないですね。

0098IMG_1327.jpg
校舎1階では廊下や教室にたくさんの映画ポスターが貼ってあったり、
山崎まさよしさんの色々な品があったりと、
芸能関係の物が多く見られました。
月とキャベツという映画で
この廃校スタジオが撮影に使われた縁だと思います。
その後もこちらでライブをしたりしたようです。
月とキャベツでは近くの分校「旧栃窪分校」も撮影に使われたそうです。
こちらも素敵な廃校ですo(^▽^)o

0098IMG_13234.jpg
他にも多くの展示物がありましたが、全く写真を撮りませんでした^_^;
最近そうゆう記事ばかりですいません。
映画のポスターに写ってる髷を結ったサムライを指差して娘が「ママ」と言ってました(O_O)なぜ…

0098IMG_1347.jpg
天気がめちゃくちゃいい。
家族で出掛ける時はだいたい私の運転で出掛けます。
この時も双子妊娠中の身重の体でしたが
私が運転して来ました。
出産直前くらいまではほとんど自分で運転していました。
運転は好きで苦にならないです。

0098IMG_13389.jpg
校庭を走り出す娘。
広々として気持ちいーもんね🎵
娘は今日(9月15日)でちょうど1歳半になりました。

0098IMG_13409.jpg

0098IMG_1341.jpg
古いブランコもありました。

0098IMG_1342.jpg
座面が地面に近い。娘にはちょうどいいけどあたしは乗れないわ。
娘もまだこうゆうブランコは乗れないから見てるだけです。

0098IMG_1333.jpg
お昼は持参したのですが、一部管理人室になっている教室があって、
そこの応接間のソファをお借りして昼食をとりました。
人柄の良い管理人さんとお話をしながら(^◇^)


伊参スタジオ、見学無料ですし、機会があれば皆さんもぜひ行ってみて下さい。

0098IMG_1357.jpg
近くに管理人さんオススメの霊山たけやまという道の駅があると聞いたので、
帰りに寄ってみました。
そしたらこんな鯉のぼりが!

0098IMG_1371.jpg
山の上から繋がっていて迫力がある!

0098IMG_1359.jpg
遊具もあって、夫が娘を連れて「滑り台に乗ってくる」と
滑り台のてっぺんまで登って行ったのですが、
いざ降りようとしたらかなり高く無理だったみたいで、
歩いてとぼとぼと戻って来ました。
残念だったね^^;

0098IMG_1364.jpg
道の駅敷地内には茅葺き屋根の蕎麦屋さんやせせらぎ、鯉のいる池、売店などあり楽しめました。
他にもここは様々な見所があるみたいです。
でも私が一番気にいったのはこれ、こども館。

0098IMG_1365.jpg
娘は初めてボールがたくさん入った遊び場を体験して楽しそうでした(^∇^)
ここももちろん無料です🎵

H小学校(後編)

Posted by 秋空りんご on 18.2014 群馬   2 comments   0 trackback
訪問者カウンターがブログ開始から10万人を超えました。
2011年11月のブログ開始から今月で約3年と1ヶ月。
このカウンターは同じ人が1日に2度訪問してもダブルカウントされないシステムになっていますので
きっかり10万人が訪れてくれた計算となり、その人数にとてもうれしく思っています。
最近では1日にだいたい100人前後の方が来てくださっています。
こうして続けていられるのもこのブログを見に来て下さる皆さんのおかげと感謝しています。

ありがとうございます。

来年も変わらず更新していきますのでよろしくお願いいたします。

今回は前回の続き、向かいの校舎に行きます。

PC052223.jpg
左に映っているのは今出てきた校舎。

PC052279.jpg
こちらが今回の校舎です。

PC052224.jpg

PC052226.jpg

PC052227.jpg

PC052230.jpg

PC052233.jpg
外と中のコントラスト。

PC052236.jpg
放送室と保健室の間を隔てているほんわかイラストが描かれた扉。

PC052239.jpg
廊下側の扉にも絵が(´ω`*)かわゆい

PC052242.jpg
上手すぎず下手すぎずの癒し系でセンスを感じました。

PC052244.jpg

pc0522482.jpg
校長室には大きな金庫が。重厚感がすごい!

確か動かせないようになっていたと思います。

PC052251.jpg
うーん、なんとなく今回写真が水平じゃない感じがする・・・。
三脚使わないわりに普段はあまりそういう感じないんだけどなぁ。今度はもっと気を付けてみよう。

PC052256.jpg
力也、凄い。でも力也だけの名前しか書かれていませんでした。

夫が発見。

PC052258.jpg

PC052259.jpg

PC052260.jpg
床が白い。

PC052261.jpg

PC052262.jpg

PC052263.jpg
こちらの校舎の窓から見る向かいの校舎。

PC052264.jpg
「こんな低いところに何でお知らせを貼ったんだろ?」

と夫が眺めていた張り紙があった。

私はこういうものになかなか目がいかないので、「力也」といい、以前更新した「埼玉近代的廃病院ツアー」の色々な物といい、
夫ならではの視点で発見するものに私も度々驚かされたりする。

PC052265.jpg
張り紙拡大。

私「ほんとだーー。なんでこんな低いところに貼ってあるんだろうね?」

夫「このネズミ、耳の上に王冠のせてる。独特の感性だなー」

PC052266.jpg
ネズミ拡大。

かわいいーー(笑)

私のお気にいりになったねずみくんのイラスト。

PC052269.jpg
最後のほうで「またね」と書かれていた黒板を見かけました。

小学生の時、公園で友達と遊んだあと手を振りながら毎日のように言っていたセリフ。

友達とそうやって別れるたびに時間は経過していつの間にか遠い場所から手を振るようになっていった。
今は、もし会ってもあのころのように挨拶するかどうかもわからない。

でも廃校を訪れると何故かあの頃にいつでも戻れるような気がする。


そして今日は友達じゃなくて校舎が私に手を振ってくれているように感じた。


「またね。」


この校舎は私がよく使う道から見える場所にある。
だからまたいつでも会える。

H小学校(前編)

Posted by 秋空りんご on 11.2014 群馬   4 comments   0 trackback
Tag :廃校 廃墟
PC052176.jpg
校舎が2つあるので記事は1校舎ごとの2回にわけました。

PC052173.jpg

PC052179 (1)
2つの校舎は中廊下で繋がっています。

PC052181.jpg

PC052182.jpg
中にはモノがなかったり・・・

PC052183.jpg
あったり。

PC052184.jpg

PC052186.jpg
こちらは図工室。

PC052189.jpg

PC052190.jpg
2つの糸ノコはシンメトリーのいいオブジェになっている。

PC052193 (1)

PC052195.jpg
2階の廊下です。

PC052196.jpg
前回のE小学校も貝殻がありました。こんな立派なのではなかったけど。

PC052198 (1)

PC052197_20141211112949b0e.jpg

PC052203.jpg

PC052210.jpg
音楽室。

PC052208.jpg
波打つ木琴。

PC052209.jpg
木琴や鉄琴がたくさんありました。

PC052213.jpg
白紙に戻っていく校歌。

ただ、この学校の校歌ではなさそうなかんじ。
統合先の学校の校歌なのかな。

色褪せた過去はもはや存在せず・・・

PC052211.jpg
未来は訪れない。

PC052212.jpg

PC052214.jpg
だけど思い出は残っている。

PC052215 (1)

PC052216.jpg
次は向かいの校舎へ向かいます。

PC052219.jpg
建具が取り外されていた。木製の窓枠やドアはとてもかわいい。
リフォームとかで使ったら絶対オシャレ。

PC052222.jpg
落ち着いた淡いカラーでペイントされています。

PC052178.jpg
平成13年3月閉校。

近くでたまたま学校帰りの学童を見かけました。
本当ならここに通っていたんでしょうね。



プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。