神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K館本店(3)鹿まつり

Posted by 秋空りんご on 10.2013 栃木   12 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃ホテル 温泉ホテル廃墟 温泉
今回はいただいたご質問にお答えしたいと思います。

「廃墟探索で好きなポイントってありますか?
りんごさんの好きなポイントや楽しみ方を教えて下さい。(〇×県在住/ギガントキモスさん/男性)」


それでは今回の廃墟を例にして私流の廃墟の楽しみ方を答えていきたいと思います。

DSC01985 (1)

まーたかわいくない河童だよ…。マスコットキャラならそれなりに可愛らしくしたらいいのにね。

こういうのは全く私の琴線には触れません(キッパリ

DSC02052 (1)

DSC02049.jpg

蛇口♪廃墟好きな人は蛇口が好きな人が多い気がします。

DSC02029 (1)

こんな小さなお風呂は従業員用とかなのかな?
船の形とかちょっと凝ってます。

DSC02046 (1)

シャワー、オシャレ。

DSC01996.jpg

再び迷宮の中。

遠くから視線を感じる。

DSC01998.jpg

あら!?

DSC01999.jpg

鹿じゃん。

DSC02001.jpg

鹿2(´▽`)b背中。

DSC02002.jpg

ツノにつけてるの「火の用心」みたいね。

ここを放火しようとする輩はこの鹿さまが黙ってないからな!
ってことですかね。

鹿だけで5枚も写真アップw

DSC02007.jpg

鹿がいたホールの横。こういう微かな光って安心する。

DSC02009.jpg

チープ(?)な調度品。

DSC01989 (1)

ある1室にこういったものが。たくさんの写真・資料のようなもの。

大昔(戦前)の写真もありました。

このホテルの主の私物なのでしょうか。

思い出も持たずに夜逃げしたのかな。

DSC02061.jpg

たまたま見つけたボイラー室に入ってみました。

DSC02063.jpg

真っ暗すぎて・・・一寸先は闇っていうか現地点も闇。懐中電灯で照らしながら歩く。

DSC02071.jpg

光がある場所に出ました。

DSC02074.jpg

DSC02079.jpg

DSC02092.jpg

なんだかSAWでジグソーに閉じ込められているような場所…。
↑↑廃墟やホラー好きさんならぜひこの映画「SAW」をご覧下さい。


私流の廃墟の楽しみ方はこんな感じでして(´-ω-`;)ゞポリポリ

廃墟の種類によって色々ですが、今回のような廃墟でいえば、
好きなポイントは、迷宮・扉の向こう側・恐怖・その中で感じる安心感・非日常へのトリップです。

私の求める廃墟の旅は、あちらの世界とこちらの世界の境界線を歩くことです。

独りで廃墟に行くことや、自分にあえて危険を与えることは、
最早私が何かを知ろうとする手段となり、
自分自身のアイデンティティになっているのかもしれません…。´・ω・。)ゞ

私にとって廃墟は、自分の精神性と密接に繋がる場所なんだと思います。

だからコンクリート系の廃墟でちょっと怖い感じの廃墟が好きだったりするのかも…。

実はこのブログの裏キャッチフレーズは、

「私、りんごが廃墟と精神を旅します。」

です。














・・・本気で答えすぎ?(^-^;





☆廃墟ブログランキング☆
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

K館本店(2)

Posted by 秋空りんご on 31.2013 栃木   10 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃ホテル 温泉宿 温泉廃墟
また1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。

K館本店シリーズで進めてるのに、
(1)が1ヶ月も前って、もう前回紹介したこととか忘れちゃいますよね…( ̄ω ̄;

中だるみ、出不精、ハムスターに夢中の生活で、廃墟スキーさんたちの
活躍を遠くから見ていた状態だったのですが、
数ある廃墟サイトの中から私のブログをおすすめサイト13選の中で紹介してくださるサイトさんがいらっしゃったりしているのを見て、こりゃ今のままじゃダメじゃないかと早速動きましたw

ということで更新は遅いですが、歩みは止めませんので今後もよろしくお願いします。


DSC01920 (1)

それではK館(2)です。

これは外観。近くから。

DSC01927 (1)

先ほどの写真には入らなかった建物左側のほう。

DSC01926.jpg

そしてこちらが中央。

DSC01934_20130531172631.jpg

廃墟の前にはこんなバスクリン色の川が流れてます(*´ー`)なんか落ち着く。

DSC01931 (1)

カエルさん、こんにちは。お邪魔してます。

DSC01933_20130531172628.jpg

DSC01936.jpg

DSC01935.jpg

DSC01938.jpg

ん?ドアの上のところに貼ってあるのはお札?

そういえば所々に塩も盛ってありました。

DSC01941.jpg

でも・・・

DSC01879.jpg


そんなの関係ないね!


いや・・・嘘です・・・( ̄ー ̄;

DSC01956.jpg

この廃墟、もし1人で潜入していたら私、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルだったかもしれない。

とにかくメチャクチャに広いし暗い所も多いし、床がぶよぶよしてるところもあるし、
不気味な雰囲気の所もある。

DSC01949.jpg

ゲーム機がたくさんあった場所。

DSC01950.jpg

黒カビもたくさんあった。

DSC01955 (1)

DSC01962 (1)

この植物なんか凄くない?

DSC02022.jpg

そして猿。

エレベーターの横にあった窓を開けたら下に猿が見えたので、ズームでパシャリ。

DSC01973.jpg

DSC01967_20130531172758.jpg

屋上に祠がありました。真ん中に石像のようなものが倒れてる。

この石像、誰?創業者?

だとしたらこの祠の前で倒れてるって何だか悲しい光景。


(3)に続きますσ(゚ー^*)

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村


↓↓☆オマケ☆↓↓


りんごさんに一問一答コーナー。



Q1.りんごの廃墟旅というタイトルは中筋純さんと中田薫さんの著書、「廃墟旅」からとったのですか?

中筋さんと中田さんの「廃墟本」はずっと前から存じ上げていましたが、廃墟旅という本も出されていることを以前は知らず、
ブログを始めてからその本を本屋さんで見つけ、「あ・・・やばい・・・パクッてしまった(汗)」と思いました。



もし何かご質問があればコメント欄やメールから下さい。
では☆ヾ(=・ω・=)o

K館本店(1)

Posted by 秋空りんご on 03.2013 栃木   10 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃ホテル
K館本店


DSC02105 (1)

ここは今まで行った廃墟の中でもトップレベルの巨大な廃墟である。
この写真の景色のほとんどが廃墟。

DSC02102.jpg

DSC02100.jpg

中はこんな感じ。

DSC01856.jpg

この温泉宿の別名は「かっぱ風呂」

カッパがこのホテルのマスコットキャラクターである。

DSC01861.jpg

だからいたるところでカッパに出会う。

DSC01872.jpg

ん?かじか風呂?

でも行き先が書いてあるのに、
その場所になかなか辿り着かないということがこのホテル内ではよくあった。

とにかく辿り着かないのだ。

私はその度にこの温泉が抱えている深い闇を感じた…w

DSC01873.jpg

女湯に到着♪

DSC01875 (1)

中は真っ暗(写真はフラッシュ焚いて撮影&コントラスト・明るさ調節してるので、こうして見えていますが…。)

ん?なんか変なのがいる・・・。

DSC01877 (1)

はぁっ!!?

DSC01878.jpg

はぁあぁぁああーー!??

女湯になぜこんな変態カッパがたくさんいるんだ!?

やはり、このホテルが何か闇を抱えていることは間違いなさそうだ。

DSC01865.jpg

廃墟の中ではいつも砕けたガラスや崩壊した壁が散乱している。

DSC01866.jpg

けれど中心部に向かうとその散乱はおさまり、
バリバリと音をたてていた足音も、気付けば静まり返っていることがある。

DSC01871.jpg

DSC01868.jpg

すると今度はその静けさが見えない針のように、肌を刺す。

DSC01870.jpg

緊張を和らげ、足元を確かにしてくれる僅かな光。

DSC01890.jpg

DSC01889.jpg

この先が一番大きかったお風呂。

DSC01897.jpg

ここは美しい。

DSC01903.jpg

DSC01898.jpg

でもここにも・・・。ヘンタイ・・・。

DSC02064.jpg

なんとなく、
私は廃墟の中を旅しているのではなく、私自身の中を旅しているような気持ちになる。

DSC01994.jpg

あんな変態カッパは私の中にはいないけどw

DSC01959.jpg

この迷宮が自分自身の中にあり、
そこには未知なる物が転がり、正体不明の何かが音をたてる。

DSC01993.jpg

道に迷ったら私は質問をする。だけどその質問に答えるのも私。そういう禅問答を繰り返しながら。

DSC01912 (1)

いくら迷いに迷っても

DSC01984.jpg

DSC01965.jpg

必ず出口を見つける。

DSC02023.jpg

でも本当の出口は私じゃなく、ほとんどは夫が見つけ出してくれます。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村


大谷グランドセンター(2)

Posted by 秋空りんご on 17.2012 栃木   12 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃屋 レジャー施設 大谷 大谷石 大谷資料館
こんにちは!りんごです♪

今日は大谷グランドセンターvol.2です。

市松模様のホールを通り抜けるとお風呂に続きます。

P1020904.jpg

P1020907 (1)

お風呂です。

この蔦の仕事っぷり。控えめすぎずでしゃばりすぎず・・・。なんと賢い!

マヤカン(摩耶観光ホテル)と拮抗するのはこの場所かな・・・そしてあの市松模様のホール。

P1020913 (1)

屋上にも行ってみようと思いますが、また階段が錆びついてボロボロ、落ちたら死亡コース・・・。

このパターンめちゃくちゃ多いんですが、・・・息を殺して登ってみます。

P1020918.jpg

い・・・行くぜ!オイ!((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

P1020919.jpg

わー!!

足元にも空!!

来る途中雨が降っていた影響で屋上が全面水溜り。

そしてこの光景・・・!

湖と違って足元がきちんとあるので、このまま奥へ進めば空を歩いている感覚になれます。
(でもどこで崩落するかわからないので、私は怖くて出来ませんでした^^;)

もし崩落して落ちたら、空から落下する感覚になるのかな。

P1020924 (1)

さて、離れに行きます。これは離れ側から本館を撮影した写真。

P1020933 (1)

扉は片方が緩く開いています。門もそうでした。

訪問者を優しく受け入れてくれる感じです。

P1020936 (1)

P1020937 (1)

P1020938 (1)

廃を帯びてカントリーチックになった流し台と蛇口。蔦がやっぱりいい仕事をしています。

P1020975.jpg

大谷グランドセンターを出て近くにある大谷観音へ。

大きいーー!!

P1020978.jpg

大谷観音の奥に見える建物が大谷グランドセンター。今回の物件。

またちらほら雨が降ってきました。

でもこんな天気が似合いますね~(つ´∀`)つ


最後は大谷グランドセンターから外側を見ると・・・。

kako-eXcY7TAd7vyfZttD.jpg

こんな感じで民家が間近にあり、丸見えになってるので、ご注意^^;

近くにはさらに「大谷資料館」というカッコイイ巨大地下採掘場を見学できる場所があります。

こちらは現在、東日本大震災の影響で休館中ですが、いつか再開した日には、
大谷グランドセンターとセットで行くことをオススメします(*^O^*)
この土地はどこも神々しく感じる場所でした。
大谷、最高ですよ~!♪

大谷資料館

それではまた次回、どこかの物件でお会いしましょう(^▽^)ノ

にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村

大谷グランドセンター(1)

Posted by 秋空りんご on 10.2012 栃木   22 comments   0 trackback
Tag :ゴールデンウィーク GW 宇都宮 餃子 芸術 写真 廃墟 廃屋 レジャー施設
ゴールデンウィークにおさりざわに行こうとしたんですが、
行く途中で

豪雨による高速通行止め・道路水没・渋滞により那須で引き返しましたorz

いやー、愛車ぶっ壊れるかと思いました。

しょうがないので引き返した宇都宮で泊まって次の日餃子でも食べて帰ろうかと宿探したら

フロント係のおじちゃんに

「手前どもは本日、満室でございます。」

とか言われちゃったし。

手前どもってリアルで初めて聞きました。

結局餃子すらも食べ損ねてしぶしぶ普通に帰宅。

そんなこんなで今回は素通りした宇都宮でしたが、この地域が誇る素敵物件といえばー・・・!

「大谷グランドセンター」ですm9っ`・ω・´)シャキーン

廃友さんからここが見たいとのリクエストもありましたので今回満を持して
紹介したいと思います♪

最近写真加工して出していないですが、今回も加工一切なしです。
(最後の一枚だけは加工しています。)

P1020848 (1)2

見た瞬間に惚れた!

かっこいいーーー!!超ー男前!!

抱かれたい廃墟ナンバー1

むき出しの岩・コンクリ・絡まる蔦・・・こんなスター物件だったとは!見たとき驚きました。

P1020850.jpg

コンクリート廃墟が好きなあたしにはたまりません(>ω<)ノ

ハイになると虫への恐怖が半分くらいになり、まっしぐらに廃墟へ向かいます。

P1020950.jpg

「・・・Welcome」

P1020890.jpg

玄関。

P1020892_20120510132544.jpg

階段を登ると

P1020893_20120510132543.jpg

P1020858.jpg

ガラスが全て割れて錆び付いたドア。

P1020862.jpg

ここは通報とかされる可能性が高い物件らしいです。

そんなこと知らずに、日中堂々と入っちゃいました。

何事もなく探索できましたが、今後は気をつけなくては!

P1020859.jpg

こういう机とか廃墟マニアのためにあるよう。

P1020865.jpg

光と風が通り抜ける清々しい大広間。

P1020866.jpg

P1020869.jpg

この階段ってどこに通じてるのかな・・・

P1020873.jpg

ここは、西のマヤカン、東の大谷グランドセンターと言われるほどの物件です。

友人はマヤカンよりここのほうが気に入ったと言っていたほどである。

P1020867.jpg

P1020879_20120510132546.jpg

この造りでよく建築の最終決定おりましたよね。

岩、むきだしすぎて危な過ぎるw客がこけて頭打ったら流血ものです。

誰も「これはやりすぎではないですか!?」とか止めなかったんですかね?

P1020883_20120510132545.jpg

P1020877.jpg

廃墟は影のイメージが強いけど、光も同様に重要。

光と影は相乗し、廃墟を芸術に昇華させていく。

P1020894_20120510132542.jpg

ここは意外と広く、市松模様は本当に美しかった。

P1020899.jpg


次回は浴場・屋上・別館です。

おまけは加工した写真。ちょっとHDRなかんじで。

kako-2ld9GWY0lu193xyb.jpg



最近、手前のブログは滞りがちですが今後ともよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村



プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。