神の住む場所

朝陽で明かりの灯る日本最古のコンクリートアパート。端島、30号棟。まるでライトアップされているか、今でも人が住んでいるかのよう。だけどこれは朝陽が作り出した自然のもの。まさに奇跡の光景だった。

まるで不思議の国の・・・

廃ホテルに迷い込んだよう

まだ人がいた温もりを感じる

木造校舎の温かさ

スポンサーサイト

Posted by 秋空りんご on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摩耶観光ホテル2

Posted by 秋空りんご on 02.2014 兵庫   6 comments   0 trackback
Tag :廃墟 廃屋 廃ホテル マヤカン 摩耶観光ホテル ホテル廃墟 夜景 摩耶山
つづき

P1030588_2014090123191543b.jpg
この天井は私の中でかなりインパクトがあった。
多くの廃墟サイトを見てもこの天井に注目している写真がないため、初見だった。

建築の美しさや廃墟としての成熟度が申し分ないのは分かる。
けどこのような色の混ざり合った天井ができたことは随分と素敵な偶然だ。
神は細部に宿るというが、この廃墟に至っては何体の神がいるのか。

P1030596.jpg

P1030595 (1)

P1030598.jpg
市松模様の床は美しい。昔から自分の家もこうしたいと思っているのにまだ叶ってない。

P1030590.jpg
統一された照明は控えめなのに存在感がある。

P1030601.jpg

P1030602.jpg

P1030604.jpg

P1030610.jpg
ここでは、廃墟に侵入したというよりも迷い込んだと例えたい。

侵入なんて言葉、この廃墟には似合わない。

情熱は時に罪で、時にバカです。

P1030617.jpg

P1030620.jpg
目の前を子猫のような影が通ったので、なんだろうと思い追いかけていったら小型の可愛いイタチだった。

まさかこんなメルヘンチックな遭遇があると思わなかったので、すごくほんわかした。

写真を撮りたかったけど、すぐにどこかに消えてしまった。

P1030624.jpg
私は廃墟内で人や動物と遭遇したことはなかったので、これがはじめての遭遇体験だった。

P1030627.jpg
でもマヤカンにイタチって出来すぎでしょ。

P1030630.jpg
イノシシとかサルじゃないのがさすがマヤカン。

もってる。

P1030633.jpg

P1030639.jpg

P1030646 (1)
全てが絵画的。

P1030651.jpg

P1030652.jpg

P1030657.jpg

P1030659.jpg

P1030661.jpg

P1030662.jpg

P1030663.jpg

P1030665 (1)

P1030667.jpg
でもこうして写真を見ていたら、あまり多くのことを語る必要はないなと感じた。

P1030669.jpg

P1030671.jpg
だから今回説明しようとしていた摩耶観光ホテルの歴史はWikiに代行してもらうことにした。

さぼったわけじゃないよw

摩耶観光ホテル


P1030672.jpg
それに昔どんな場所だったかとか、そうゆうのは正直、実はあまり興味がない。

私にとっては廃墟になってる今のほうが現役みたいなものだからかもしれない。

キレイなただの建築物だった時代など興味がない。
寂れはじめてからが本番。

P1030674.jpg

P1030676.jpg

P1030682.jpg

P1030697.jpg

P1030700.jpg

P1030708.jpg

P1030713.jpg

P1030715.jpg

P1030720.jpg

P1030725.jpg
屋上からの景色。夜景はあきれるほどキレイなんだろうなぁ。

P1030732.jpg
さっきの写真はこの写真の右に写っている階段の残り部分、この細っこいところをのぼっていく。

P1030738.jpg

P1030748_20140901233154a14.jpg

P1030762.jpg

P1030765.jpg

P1030793.jpg

P1030777.jpg

P1030783.jpg

P1030797.jpg

P1030799.jpg

P1030693.jpg



聖域でした。









スポンサーサイト

摩耶観光ホテル・1

Posted by 秋空りんご on 01.2014 兵庫   10 comments   0 trackback
私はもしかして廃墟が好きなんじゃないだろうかと初めて感じたのは、
とてもベタだがこの廃墟をあるときたまたまネットで見た時からだったと思う。

完全体の廃墟マニアになったのは川南造船所に行ったことがきっかけだったけれど、
それ以前に、たまたまネットでこの廃墟の写真を見て釘付けになったことがあった。
だけど自分が廃墟好きだと自覚していなかったので、ただ、「あまりにもキレイな世界だな・・・」と思うくらいだった。
他の普通の廃墟の写真を見ても、まだその当時はなんとも思わなかったので、よくわからなかった。

そして川南造船所に行ってそれが確信に変わったのだけれど、
それ以前に、「おや?」と思わされたきっかけは今思えばまさにこの廃墟だった。

P1030455.jpg
夜景で有名な摩耶山にあるので、山を登る途中も大パノラマ。

P1030461.jpg
到着した時ほんとうにワクワクした。

P1030465.jpg
いつもどおり、だいたい撮影した時系列順に載せていきます。

P1030467.jpg

P1030468.jpg

P1030470.jpg
撮影した写真を改めて見ると、私はほんとうにドアと窓が好きなんだなと痛感しましたが、
数多の廃墟の中でも、ここはそれらの美しさが極めて特徴的な廃墟である。

P1030476.jpg
探索系といえど残留物などはほとんど撮影しない。
いつでもだいたい興味は建築にある。
まぁそれ以前にここは残留物がほとんど無いんですけどね。

P1030479.jpg
でも私ってほんとに探索系なのかな、写真系でもないし・・・と思って夫に話したら、
「香織は精神系でしょ?」という新たなジャンルが飛び出してきた(笑)

P1030482.jpg
建築好き+精神系=廃墟ということ?

目からウロコだわ。まさにそうかも。

P1030483.jpg

P1030488.jpg

P1030490.jpg

P1030496 (1)

P1030497 (1)
多くの人に撮影され尽くしてきた廃墟であるため、それだけ多くの表情を撮影者に見せてきた。

撮影者が見る世界が「写真」になるので、例えばそれは事実そのものでないこともある。
それは幾分かその人の個性が写真に反映しているからだと思うけれど、
私はコンデジでほぼオートで撮影している。
今は夫の一眼をたまに借りることもあるけど、でも使い方がわからずやはりオート。

何がいいたいのかというと、

P1030504 (1)
私のようなカメラに興味の無い人がオートモードで撮影している写真は、カメラ好きな人が撮るそれよりも、
現物のまま、事実そのものに近いものが撮れていると言えるのではないだろうか?ということ。

そしてそういった個性や主観のフィルターを限りなく排して撮っている写真にも関わらず、
これだけ美しいというのは、やはりこの場所が驚異的な魅力を持つ魔物物件だということなのだろう。

P1030508.jpg
ただただ恐れ入った。

どこを撮っても絵になるのだから。

P1030511.jpg
皆が空想の世界でイメージする美しく退廃した世界、それをナチュラルで実現してしまっている。

信じられないほどに、美しい。

P1030513.jpg
実際にはこのホテルの現実的な廃業、放置、経年劣化が産み出した産物の
それ以上でもそれ以下でもないはずなのに、

P1030514.jpg
まるで誰かがこの廃墟の空間を廃墟になるべくデザインし、それとなく色を抜き、

P1030517.jpg
壁紙をはがし、光を取り込み

P1030518 (1)
物を落下させ

P1030521.jpg
ガラスを割り、散りばめて、

P1030522.jpg
作り上げた。

そういうアート作品なのではないかと思わせられるほどに。

P1030530.jpg
心を奪われる。

P1030538.jpg

P1030540 (1)

P1030545.jpg

P1030550 (1)

P1030557 (1)

P1030560.jpg

P1030562 (1)

P1030564.jpg

P1030572.jpg

P1030575.jpg

P1030584.jpg

P1030587.jpg
天井には神さまのパレット。
とてもキレイな彩色。


次回はこの廃墟の歴史などをお話したいと思います。


プロフィール

秋空りんご

Author:秋空りんご
廃墟をさすらっています。

群馬県出身、埼玉県在住。

2015年12月より多忙のためブログを休止しています。

廃墟活動は継続していきますので、
たまに更新することもあるかもしれません。
再開を目指していますが、予定はまだ未定です。

<リンクについて>
当ブログはリンクフリーです。
下の「カテゴリー」一覧内にリンク用バナーもありますので、必要の際はご利用下さい。

<コメント欄について>
●スマホでは「記事の一番下」にコメント欄が現れるようです。

●PCでは、「記事のタイトルの下」にコメントやトラックバックやタグなどが色々書いてある四角い部分があると思います。
そこの「コメント」のところをクリックしてコメントを見ると、
その一番下に書き込む欄も現れます。

<メールアドレス>
sizukixmami@yahoo.co.jp

<注意事項>
廃墟探索は危険が伴います。何かあったとしても自己責任となります。
廃墟へのアクセス方法などは回答できませんのでご了承ください。
掲載している写真と文章の無断転用・転載は禁止しています。

FC2カウンター

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。